◆ 

レインツリーの国【映画】

0
    酔った勢いで観てきました。
    「レインツリーの国」
    正直、全く期待していなかったのですが、怖いもの見たさと原作好き、友人のノリの良さ、色々な条件があてはまって観ることができました。結果的に、観てよかったです(笑)

    失礼なお話なのですが、玉森くんには全然期待をしていなかったのです。彼が嫌いとかジャニーズがダメとかではなく…なんとなく漫画や原作ものの実写化で若手俳優を使って成功する映画ってなかなかないなと思っているところがあり、今回もそこらへんにある恋愛映画と変わりないのかなと勝手に思ってしまっていたところがありました。反省しています。

    だからこそなのですが、観たあと、ものすごく満足していて、とっても幸せな気持ちで帰れました。そういう映画です。迷っている人はぜひ観てほしいなって思います。

    原作は有川浩の「レインツリーの国」という同名小説。
    この作品は「図書館戦争」の劇中作でもあり、有川ファン、ひいては図書館戦争ファンにはとても思い入れのある作品です。毬江が大事にしている、この作品が実際に小説になり、そして映像化されたという事実は、とても感慨深いもの。聴覚障害のあるひとみが、普通の女の子として恋愛して、幸せになる物語。そこに同情や偏見や大げさな演出がまぎれていては、一気にうそくさくなってしまうという危険をはらんだ作品でもあります。

    有川流の恥ずかしさでもって、かなりライトに読みやすくなっていた原作ですが、映画は更に観客に寄り添ったものになっていました。正直、原作よりも感情移入してしまうほど良い脚本に仕上がっていたのではないかと思います。なぜかというと、有川さんの描く男の子って現実には到底いなさそうな王子様キャラの男の子が多いんですよね。だからこそ、皆読んで恥ずかしくて死にそうになったり、ときめいたり、妄想をふくらませたりするんですが、それを映像にした瞬間にシラける危険性も凄くあるのです。だから、突き抜けてかっこよくやってしまうか、さらにマイルドにして薄めてしまうかの2択なのです。

    突き抜けてしまうやつは、たとえば最近人気の「壁ドン」や「床ドン」、「顎クイ」とかそういうやつで、マイルドなのが本編の実写「図書館戦争」の堂上とかなんです。岡田君はあんまり恥ずかしいこと言わないですし。「レインツリーの国」はその塩梅を絶妙に配分してくれた映画だと思いました。

    以降ネタばれも含むと思いますので隠します。


    JUGEMテーマ:映画
    続きを読む >>
    映画ブログを探すならこちら


    映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

    図書館戦争 THE LAST MISSION 【映画】

    0
      待望の図書館戦争続編が公開されたので、さっそく観てきました!

      続編情報がいきなり出たと思ったら、
      スペシャルドラマと映画のサプライズ。
      本当に続編が作られるとは正直思ってませんでした!
      スタッフ&キャストの皆さま本当にありがとうございます!!!

      というわけで、感想を述べたいのですが、
      今回は興奮してネタばれをする確率が非常に高いため、
      続きを読む方はそのおつもりでどうぞ!

      JUGEMテーマ:映画
      続きを読む >>
      映画ブログを探すならこちら


      映画(邦画) | comments(2) | trackbacks(0) | 

      アバウト・タイム 【映画】

      0
        映画公開中に間に合わず、DVDを購入しましたー。

        リチャード・カーティス最後の監督作「アバウト・タイム」です。
        ラブアクチュアリー」から12年、珠玉の映画が誕生しました。

        日本での売りはSF恋愛映画ということになっていますが
        この映画の売りは「SF」でも「恋愛」でもないと思います。

        お話はイギリス南西部のコーンウォールに住む21歳の青年ティムが
        21歳の誕生日に父親から一族の男子に伝わるある「力」について
        打ち明けられるところから始まります。

        その力は「タイムスリップ」
        暗い所で両手をぎゅっと握りしめ、戻りたい過去を思い浮かべると
        その過去に戻れるというもの。
        しかし、自分の過去にしか戻れず、他人の過去はできない。

        ティムは父の言葉を笑って否定しますが、父に言われたとおりに
        やってみると、さてはて、過去にタイムスリップします。

        それ以降、ティムは力の魅力に取りつかれ、過去に戻っては
        自分の行いをやり直し、何度も未来を変えていくことになります。

        いつでも自分の過去に戻ってやり直しができる。
        それはとても便利で、何度失敗しても成功したり満足するまで
        やり直しできる、ということで、ティムは自分の妹の友達の
        シャーロットに夏の間何度もアタックし続けたり(正確には
        同じシーンを何度もやり直す)、告白のタイミングをずらしたり
        試行錯誤。
        でも、結局恋は実らずに終わった。

        ロンドンに移り住み、偶然出会ったメアリー。
        彼女とは暗闇レストランで顔も見ずに話しをして意気投合。
        明るい場所で彼女を見れば、なんともキュートな女の子だった。
        すぐに恋に落ち、連絡先を交わします。
        しかし、下宿先の父の悪友の脚本家ハリーの舞台が散々なもの
        だったと聞いて、過去に戻り、メアリーと談笑していたその
        時間を今度はハリーの舞台の成功のために使ってしまう。
        すると、現代に戻ってきてメアリーの連絡先が消えていることに
        気づく。ティムが過去に戻ってしまったせいで、彼女との
        出会いがなかったことになってしまったのです。

        そこからティムは悪戦苦闘してメアリーとなんとか出会う努力を
        始めます。やがて彼らは愛し合うようになり、夫婦になり
        子供をもうけ、時がすぎていくのですが、彼の家族に様々な
        不幸がやってきて、タイムトラベルの力でなんとかしようと
        彼は様々なことを試します。

        でも、思ったような未来にはならず、決定的なことが変わって
        しまうことが発覚し、タイムトラベルが万能ではないことを
        悟るのです。

        この映画の主題は「幸せになるにはどうしたらいいのか」だそう。
        それを「タイムトラベル」という形で時を遡って人生をやり直す
        主人公を通して、問うています。

        最悪な一日も、視点を変えれば幸せな一日にできる。
        過ぎていく日常を幸せに過ごすのは自分次第なのだと
        教えてくれる作品です。
        やり直すのは簡単だけど、物の見方を変えるのは自分。
        ティムがそれを学んでいく過程で、私も勉強させられました。

        この映画で特によいのは、ティムとその父のやりとりです。
        ティムは父から力を教わった時から、どんどん父との距離が
        狭まり、秘密を共有する者同士、独特の会話のやり取りをし
        まるで友のように接します。
        時を遡って様々な父に会うティムは、その時々の父と
        抱えている問題の相談をしたり、笑いあったりするのです。
        しかし、タイムトラベルを使っても父とは会えなくなる時が
        やってきます。最後の親子のやり取りには涙を流さざるをえません。

        この映画は、恋愛映画でもSF映画でもないです。
        人生をどう生きていくか、どうしたら幸せになれるのか
        一つの答えを示してくれる映画です。

        リチャード・カーティスらしい映画で、私のお気に入りの1作となりました。

        最後に俳優陣。

        主人公のティムを演じるドーナル・グリーソンは
        ハリーポッター死の秘宝」でロンの兄ビル・ウィーズリーを
        演じている若手俳優。ファニーフェイスで、愛嬌があって
        英国ボーイにぴったり。
        マーティン・フリーマンにどこか似てるなあと思って
        見ていたのですが、まさかロンの兄ちゃんをやっていたとは
        気づきませんでした。(ハリポタファンなのに)
        スターウォーズEpisode7にも出るそうです。
        さっそく出世街道まっしぐら中。

        主人公の父を演じるのが、リチャード・カーティスの映画に
        欠かせない、監督の親友でもあるビル・ナイ。
        ちなみにビル・ナイも「ハリーポッター死の秘宝」で
        ルーファス・スクリムジョールで出演してます。(PART1の方)
        この映画は、ビル・ナイがいないと正直、成立しません。
        この人が父役で本当に良かった。
        リチャード・カーティスは、ビル・ナイと浜辺をのんびり散歩
        しようと約束したそうです。

        そしてヒロイン・メアリーはレイチェル・マクダムス。
        シャーロックホームズシリーズのアイリーンや、きみに読む物語
        のヒロインを演じています。
        ミーンガールズの女王様役をやってたそうなんですが
        記憶にない…(汗)
        レイチェルのキュートな笑顔はこの映画の華でした。
        シャーロットみたいな完璧な美人じゃなくて、画面を見てると
        落ち着くというか、なんて可愛い人なんだろうと思わせてくれる
        存在感が素晴らしかったです。

        ハリー役のトム・ホランダーは「プライドと偏見」の
        コリンズさんだったそうです…。こちらも気づきませんでした。
        あんだけコリンズさんについて書いたのに…(笑)



        JUGEMテーマ:映画
        映画ブログを探すならこちら


        映画(洋画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

        In to the Woods(イン・トゥ・ザ・ウッズ)【映画】

        0
          ディズニーのミュージカル映画「In to the Woods」
          こちらも公開日に見てきました。公開日だったのもあり
          六本木のTOHOシネマは満員御礼でした。

          最近はやりの、童話原作モチーフのミュージカル。
          監督は「シカゴ」のロブ・マーシャル。

          ブロードウェーでは1987年からやっていたそうで、日本バージョンも
          神田さやかちゃんが赤ずきんで宮本亜門演出のものが上演されています。

          今回のディズニーバージョンはそれをド派手にしたバージョンという感じ。

          ディズニーだしミュージカルだし、さぞ爽快なラストだろう…
          というのを期待して見ると肩透かしをくらいますので注意。
          このミュージカルのテーマは「願い」と「その先にまっているもの」に対して
          自分の「本当の望み」を知ることです。

          キャストはとても豪華

          魔女(ラプンツェルの義母):メリル・ストリープ
          パン屋の妻:エミリー・ブラント
          シンデレラ:アナ・ケンドリック
          シンデレラの王子:クリス・パイン
          オオカミ:ジョニー・デップ
          赤ずきん:リラ・クロフォード
          ジャック:ダニエル・ハットルストーン

          子役はおいておいても、魔女とパン屋の妻でああ…「プラダを着た悪魔」てなりますね。

          あらすじは、パン屋夫妻に子供ができないのは、魔女の家からパン屋の父が魔法の豆を盗んだから。魔女は子供ができないように呪いをかける。呪いを解くためには、白い牛と、赤い頭巾、黄金の髪と黄金の靴の4つが必要。パン屋は森に入ってそれを探し求める。そこで出会う、童話の主人公たちとすったもんだしながら最後に4つのものを集め…彼らがたどりついた答えは…?

          という感じ。
          パン屋夫妻が森で出会う童話の主人公たちに
          シンデレラ、赤ずきん、ラプンツェル、ジャックと豆の木のジャックがいます。

          赤ずきんはお金がないのにパン屋夫妻からおばあちゃんへの差し入れのパンをもらう少女。
          途中でジョニー・デップの狼にあったりして食べられたりします。
          シンデレラは、行きたくてしかたなかった舞踏会に行くものの、
          王子が自分の理想とはちょっと違うかもと思って舞踏会から逃げること3回。
          一応見染められて王女になるものの、やっぱり逃げてきてしまう。
          ラプンツェルは王子とのあいびきがばれて、魔女に辺鄙な場所に閉じ込められてしまう
          けれど、最後には王子と再会。
          ジャックは馬鹿だから何回も巨人の財産を盗み、最後には皆を危険な目に合わせる羽目になる。

          ディズニーで、ミュージカルなのに、なんというのでしょう
          見終わった後、考えさせられるというか、すぐには感想が言えないというか
          そういう映画でした。
          それはおそらく、誰もが持つ「願望」と「その答え」が違うからだと思うんですが
          だからこそ、この映画はすごく良かったのか、だめだったのか言及しがたい映画でした。

          一番わかりやすく言えるとしたら、「シンデレラ」は自分の道を王子の地位や
          名誉などではなく、自分の考えている幸せを見つけて歩み始めることでしょうか。

          ま、映画に出てくる王子がサイテーなので、シンデレラの選択は間違いじゃないって
          誰もが思うかもしれません。が、シンデレラの継母は暮らしていくために男に寄生する人ですから、時代的にシンデレラが新しい道を踏み出すのは奇異に映るかもしれません。
          これはディズニーの最近の傾向ではないかな。
          独立した考えを持つ女性像を描きたかったのだと思います。

          さて、これはミュージカルですから個々人の歌唱力も求められます。
          私が一番驚いたのは、エミリー・ブラントでした。歌うんまい!
          プラダを着た悪魔」チームは全員歌えるんですね!って
          最初ストーリーよりそっちに思考がいってしまいました…。
          メリル・ストリープも年齢を感じさせないハリのある歌声で迫力満点。

          そして注目すべきはアナ・ケンドリックでしょう。
          シンデレラのナンバーはとても難しいのですが、演技もしながらうまく
          歌いこなしています。彼女が苦労して歌っているなんて全然思いもしない
          くらい自然に歌っています。

          また来日していたリラ・クロフォードもうまかったですね。

          ちょうど、宣伝で神田さやかちゃんがメリルが歌うナンバーを歌ってたのですが
          やっぱメリルと神田さやかでは全然違うというか…劇中でこそ光る歌だと思いました。







          JUGEMテーマ:映画
          映画ブログを探すならこちら


          映画(洋画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

          スター・ウォーズ入門1 見る順番と旧三部作の価値【コラム】

          0
            今年はスター・ウォーズイヤーということで、私もその波に乗っかろうと思います。
            実を言いますと、スター・ウォーズイントロができるくらい
            私はスター・ウォーズに詳しいのです。(嘘くさい…)
            ちなみに家にあるDVDは↑の限定BOXです。

            ということで
            まずはスター・ウォーズを見る心得をひとつ。
            重要なのは「鑑賞する順番」です。

            おすすめは

            スター・ウォーズ Episode4 新たなる希望
            スター・ウォーズ Episode5 帝国の逆襲
            スター・ウォーズ Episode6 ジェダイの帰還
            スター・ウォーズ Episode1 ファントム・メナス
            スター・ウォーズ Episode2 クローンの攻撃
            スター・ウォーズ Episode3 シスの復讐

            です。これは制作年順です。
            なぜ、Episode1からじゃないか、といいますと
            Episode1は一応スター・ウォーズの歴史の古い方なのですが
            このスター・ウォーズの中に出てくる用語について、ほぼ解説がありません。
            スター・ウォーズに必須である「フォース」の説明だとか
            ジェダイ」の修行ですとか、いろいろあるのですが
            ちゃんとした説明がありません。

            Episode4は最初のスター・ウォーズなので、主人公ルークと
            観客の目線が同じになるように作られています。
            スター・ウォーズ初心者は是非Episode4から見てください。

            Episode4はおよそ35年前に作られたとは到底思えないほど
            ちゃんとしたSF映画です。今の映画にも引けを取らない映像なので
            昔の映画じゃんと思わず見てください。

            しかもこの映画はハリソン・フォードの出世作でもあります。
            昔も今もカッコイイ奴を見れますよ!

            そしてもう一つ、このEpisode4から見る価値です。
            今年の12月に公開予定のEpisode7にはEpisode4でメインだった
            ルーク・スカイウォーカー、レイア姫、ハン・ソロの3人が
            オリジナルキャストで登場するのです。
            (ということは、もちろん、ハン・ソロはハリソン・フォードなのですよ)
            彼らが年を経てどういう立場にいるのか深く理解し、彼らが若き時代に
            何をなしてきたか知っておくことで、よりEpisode7を楽しめます。

            ということで、スター・ウォーズ入門いかがでしたでしょうか。
            12月に向けてスター・ウォーズの再放送があったりすると思いますので
            ぜひ参考にしてみてください。
             
            JUGEMテーマ:映画

             
            映画ブログを探すならこちら


            映画関連コラム | comments(0) | trackbacks(0) | 

            つぐない 【映画】

            0
              原作はイアン・マキューアンの「贖罪」
              主演はキーラ・ナイトレイ(でいいのかな?)

              プライドと偏見」チームが再結集して制作されたもの。

              とても、とてもよくできています。
              それがゆえに、見終わった後の、何とも言えない
              行き場のない感情の処理に苦労します…。
              救いがないとはこういうことなのか、というくらい
              悲しい物語です。

               
              あらすじは
              イギリスの官僚の娘セシーリア(キーラ・ナイトレイ)とケンブリッジ大学で同窓生であり、セシーリアの家の使用人の子でもあるロビー(ジェームズ・マカヴォイ)は想いを寄せあっていて、二人の間にはいつも親密ななんとも言えない空気が漂っていた。
              それをセシーリアの妹ブライオニーは妄想を含めて見ていた。彼女は13歳で小説家志望。だから二人の放つ妖しげな空気にとても興味津々。
              ブライオニーはロビーが書いた卑猥な手紙の中味を見てしまったり、大人の秘め事におっかなびっくり首を突っ込んではドキドキしていた。
              そんなとき従妹のローラが強姦される事件が発生する。ブライオニーはその現場を目撃。ちょうど双子の従弟を捜索中で皆が屋敷を出払っていたときで、ロビーが双子を連れて帰ってきたのが最後だった。
               
              そしてブライオニーはローラを強姦したのがロビーだと証言する。ロビーは逮捕されてセシーリアと引き離される。
              時がたちイギリスは戦争状態に。ロビーは兵隊として出兵。セシーリアは看護師に…。
               
              18歳になったブライオニーも同じ看護師になるが、ニュース映画でローラが結婚する相手をみた瞬間にすべての記憶がよみがえり、真実を知ることになる。
               
              この映画の本当の主人公は実は妹のブライオニーなんです。
              彼女が背負った罪は、愛し合う恋人たちを引き裂き、一生会えなくしてしまう。
              そしてそれが自分の大好きな姉セシーリアと、ロビーなのです。
               
              想像力の豊かだったブライオニーは、ロビーの書いた卑猥なラブレターや
              刺激的すぎる彼女の姉とロビーの逢瀬をみて怖かったのでしょう。
              ローラが強姦された事件のときにロビーを重ねてみてしまったのも
              仕方のないことかもしれません。

              でも、時代が彼女を許さなかった。
              ロビーは戦争に行き、祖国に帰ることもなく、セシーリアのことを思いながら
              死への一歩を踏み出します。
              セシーリアも看護婦として働き、避難していた場所への爆撃で命を落とし
              二人は永遠に再会することのないまま、若い命を落とします。

              ブライオニーはローラがあの時、強姦されたのではなく、実は兄の友人
              ポールと密会していたのだということを、彼女が結婚することになって
              初めて理解します。

              でもそれを知るのが遅すぎました。
              もう彼女の罪は一生消えない。
              一生償うこともできない。
              でも罪を背負って生きていかなければならない。

              彼女はそうした罪を背負って、年老いてからようやく彼らが唯一再会できる
              方法、自分が償う方法を見つけます。
              それが小説の中で彼らは恋人たちとして生きており、ブライオニーが
              セシーリアに本当のことを告げに、会いに行くシーンとして描かれます。

              最後、年老いた老婆となったブライオニーの深い青い瞳を見ると
              救われようのない途方もない悲しみを感じずにはいられません。

              映画の中のキーラ・ナイトレイは絵画のように美しくて
              現実感がなく、それがさらに映画の物悲しさを色濃くしているような
              気がしました。

              ブライオニーを演じたそれぞれの俳優もぴったりハマっていました。
              特に13歳のブライオニーを演じたシアーシャ・ローナンは素晴らしかった。
              史上最年少でアカデミー助演女優賞にノミネートされたほど。

              ロビー役はイギリス古典映画でよく活躍しているジェームズ・マカヴォイ。
              最近はハリウッド大作にもでていますが、古典劇をやらせたら
              ど真ん中というくらいぴたっとはまっていました。
              私が彼を知ったのはナルニアのタムナスさんなのですが
              こんなに雰囲気変わるもんなのか、と驚きました。
              その前にアン・ハサウェイ主演の「ジェーン・オースティン 秘められた恋」に
              出ていたのですが、まったく気づきませんでした…。
              同一人物なのか…と。

              この作品はとても物悲しいし、救いのなさに絶望してしまうけれど
              名作です。見てほしいですね。
              JUGEMテーマ:映画
              映画ブログを探すならこちら


              映画(洋画) | comments(0) | trackbacks(0) | 
               | 1/54P | >>

              King Fisher Girl

              CATEGORIES
              サイト内検索
              サイト内検索 powered by Google
                       
              Twitter
              LATEST ENTRIES
              ARCHIVES
              RECENT COMMENTS
              RECENT TRACKBACK
              RECOMMEND
              LINKS
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              2627282930  
              << November 2017 >>
              LINKS
              PROFILE
              にほんブログ村 映画ブログへ
              ブログパーツ
              カウンタ
              ブログパーツUL5
              OTHERS