◆ 

大奥 家光・有功編 第4話【ドラマ】

0
    評価:
    ---
    ---
    ---
    ()

    評価:
    ---
    ---
    ---
    ()


    はあ…実は最終回だけ録画ができず、感想を書く気を失っておりました。
    が、DVDが出たので書けますー☆
    ありがとうDVD!!!(笑)

    ということで4話。

    有功によって女性の面を表に出すようになった家光(千恵)は
    女性の姿で、政を仕切るようになります。
    そして政の才も発揮し始めます。

    赤面疱瘡による人口低下を逆手にとり、大名家を取り潰すことを
    決定するなど、普通の人の頭では考えつきそうもないことを
    言い出すのです。

    そして有功とと家光は更に愛し合うようになります。
    最初はラブラブシーンなので、これは見納めかもしれんと
    思って見た頂くと良いでしょう。


    さて
    相思相愛になった有功と家光ですが、子ができません。
    史実でも唯一家光が寵愛したと言われているお万の方とは
    子供ができませんでした。

    フジテレビの大奥ではお万の方(瀬戸朝香)が密かに子供を産み
    お玉の方・桂昌院(星野真里)の子として育てられました。

    よしながふみ版では、やはり子ができず、
    春日局が新しい側室を家光に与えようと画策をし始めます。

    「何のための有功かっ!」

    春日局様のすごみっぷりは凄いです。麻生祐未さん素晴らしい(何度も言います)


    もうラブラブの家光と有功のことなんかどうでもいいとばかりに
    側室を捜し始める春日局。さすがです。

    さて、ここでドラマオリジナルのシーンが追加されています。
    私は4話あたりで、原作を全て読んだのですが(発売されているものを)
    稲葉正勝のストーリーはドラマオリジナルの部分がかなり濃いものとなって
    おります。

    原作では語られなかったもう一つの家光の影である稲葉正勝。
    彼の強いられる状況を嫁、息子、娘、そして春日局によって描かれていきます。
    平山浩行の抑えた演技がまた哀愁を誘うので、見ていて心が痛いのでした…。

    しかも稲葉正勝が上様と政の話しをするのですが、6人衆に話しを通すと
    すべて正勝が考えたことになります。でも本当は家光が考えたことなので
    正勝の心境はかなり複雑です。さすが丹後の上とか言われているのに
    実は少女の上様が考えているのですからね…。


    さて、有功に代わる側室が必要です。春日局の側室探しは
    入念であります。
    そして見つけてきたのが、捨蔵でした。

    この捨蔵、モデルはお蘭の方と言われています。
    古着屋さんの跡取り息子であります。
    大奥第一章では京野ことみが演じていましたね。

    この捨蔵、とんでもない女ったらしでありまして
    そしてイケメンなのです。
    色んな女と寝てはお金をもらって
    気楽に過ごしていました。

    そんな気ままな暮らしをしている最中に春日局の目に留まってしまう
    わけなんですね。ああ、良かったのか悪かったのか…。

    余談ですが、この捨蔵、窪田 正孝くんが演じています。
    大奥にようやく本当に若くて綺麗な側室が登場しました(笑)
    堺雅人が美男かどうかはおいておいて、四十路近い男子で
    あることには変わりありません。
    まじで若い男子、まじでイケメン、文句なしみたいな
    子は田中聖くんに次いで二人目でございます。
    平山くんだって結構お年ですからね…!
    20代のイケメンは必要です!

    そしてこの窪田くん「平清盛」で、越えられない壁である父、清盛と
    空気も何にも読まない後白河上皇の間で板挟みになって、辛くて辛くて
    心労のあまり病に伏してしまい、挙げ句に後白河上皇に双六を強いられつつ
    死んで行くとっても可哀想な平家の長男重盛を演じていました。

    捨蔵との落差の激しさはとんでもございません。
    あんな健気な重盛がどうしてこんな、女ったらしになれるの!?!?!
    と、不思議でたまらない演技力でございました。

    ああ、捨蔵で語りすぎました…。


    捨蔵の登場でにわかに大奥は騒ぎになります。
    そして春日局はついに有功に「おしとねすべり」を申し出るように言うのです。
    「引き際くらい弁えられよ! 見苦しい!」とか言って。

    有功は上様にとってそんなむごいことはない、そこまでして守らねばならない
    徳川家とはなんなのだと、春日局に問います。

    答えは…

    「戦のない世の中」

    でした。
    有功はこの言葉にぐうの音も出ません。
    戦国の世を生き抜いてきた春日局の言葉の説得力たるや、凄まじきものがあります、

    そして、戦のない世を望むのは有功も同じでした。
    故に「おしとねすべり」を家光に申し出ます。

    家光は、他の男にけがされた自分が嫌だからか、
    死んでしまえと半狂乱となります。
    好きな男に、床を共にするのを拒まれるのは、そらーー若い娘の
    上様には辛いことです。

    でも有功は、「殺してください」と上様の気持ちに沿うのでした。

    ああ、運命という悪戯は…なんて残酷なのでしょう。


    ってドラマなんですけど、結構な割合で史実を踏襲しているので
    是非原作やら大奥の文献やらを読んで頂きたいなと思います。


    一応、「おしとねすべり」は30歳になったら子供はできないから、と
    申し出るものだったみたいです。昔の女性は恐らく生理も今の女性に比べて
    早く終わってしまったのではないでしょうか。

    堺雅人は…30ジャストどころじゃなくて40弱でありますから…
    おしとねするべき年齢ではないのですが(ドラマ中ではもっと若い設定になっております多分)


    5話からは、有功の体験したことのない世界が広がっていきます。
    汚れのない世界で行きてきた人が、俗世にまみれて、自分と向き合って行く、
    そういうお話でもあると思います。
    奥が深いっす。


    さて、原作を読んだ私ですが
    ドラマがあまりにも忠実なことに驚嘆いたしました。
    是非是非漫画の方も読んでいただきたい。

    ちゃんと映画吉宗編から始まって、綱吉編(公開中の映画)に遷移しております。
    原作はまだまだ続いておりまして、平賀源内(女子)とかも出てきて
    かなり面白いですよ!おすすめです!


    大奥 家光・有功編 第1話
    大奥 家光・有功編 第2話
    大奥 家光・有功編 第3話

    大奥 徳川吉宗編
    映画ブログを探すならこちら


    ドラマ(大奥・家光・有功編) | comments(0) | trackbacks(0) | 

    大奥 家光・有功編 第3話【ドラマ】

    0

      よし追いついた。3話です。

      大奥ではある怪談が流行っていて
      夜中に見回りをしていると、赤ん坊の泣き声が聞こえてくるが
      声がする部屋の中を見ると誰もいない…
      だとか
      夜な夜な女の長い髪の毛か生首を持った侍が現れるというものでした。

      仕入れてきたのは玉栄(田中聖)ね。
      部屋子たちの話しを盗み聞きしてくるのです。
      人が沢山いるのに話しをするのが自分たちだけとは…と有功は嘆くのでした。

      そのころ上様は…春日局にいつものようにさらしを巻かれているのですが
      御髪を切らなくては…という言葉に拒絶反応を示します。
      女の子ですものねえ。

      そしてお万の方(堺雅人)の部屋へ上様(多部未華子)は通うようになります。
      あげた白猫の名前が「若紫」名付けられたことを聞き自分より良い名前を
      もらったではないかと言うと同時に「小さくて温かいものは嫌いだ」と言います。

      なぜかというと15歳で生んだ娘がすぐに死んでしまったからなのでそうです。
      有功の表情に「生娘でなくて悪かったな」というのですが
      有功は母が子を失くすということは一番堪え難いこと、よう耐えて
      こられました、と上様に言うのでした。


       
      続きを読む >>
      映画ブログを探すならこちら


      ドラマ(大奥・家光・有功編) | comments(0) | trackbacks(0) | 

      大奥 家光・有功編 第2話【ドラマ】

      0

        はい2話です。
        継続して書かないとね…(笑)

        春日局に取っ捕まって、大奥にやってきた万里小路有功さん。
        さっそく春日局の手先的な人物、村瀬正資(まさすけ)に
        「ここは江戸、その薄気味悪い京言葉を即刻お改め下さい」
        とかいいにきたりします。ちなみにこの村瀬さん、ナレーションも
        担当しています。尾美としのりさんです。

        もどりまして
        春日局はさぞへっこんだであろうなハッハッハと
        笑っておりますが(ここの麻生祐未さんは最高です)
        それがですね…と村瀬
        なまりのない言葉で返されたと報告。麻生祐未さん真顔に戻る。

        そんでまあ
        村瀬さんに案内されつつ、他の御中臈に会わせるということで
        3人の侍に会うことになります。

        これが美男とは言えないやつばっかでしてね…
        いや戸次さんはまだイイとして他!!!
        これはイケメンか??!という男子なんですね。

        角南重郷(すなみしげさと)を戸次重幸(チームNACS)
        和田正隆(わだまさたか)を遠藤要(いちばんでかいやつ)
        勝田頼秀(かつたよりひで)を夙川アトム(お笑い芸人)

        うーんこの中から選ぶなら戸次さんか、どうやっても堺雅人かなあ…
        となっちゃうのでありました…。

        で、男のいじめが始まるわけですね。

        この白い弱そうな男があのじゃじゃ馬の上様を乗りこなせるかどうか
        はっはっはー!と笑うわけです。

        大奥は男にしても、やっぱ嫌味とか妬みとか嫉妬とか
        同じになるんですね。わかりやすい。

        お万様はその嫌味対して、上様をじゃじゃ馬と言われるのは失礼ではないか、
        とか、賢い男子は嫌味をいわねーぜと論語の話しを用いてやんわり
        やり返すのでありました。

        で、男のいじめは至る所で始まります。

        いやー大変です。やることが女子と変わらず陰湿であります。

        御膳にねずみを入れたり、部屋の前で花の入った花瓶を割ったり
        出会った見回りの侍に体を売ってまで金が欲しいのか…!と言われたり
        玉栄(田中聖)を襲って見えないところを痛めつけてみたり。

        ここでボーイズラブシーンぽいところがあるわけなのですが
        ま、ただリンチにあっているようにしか見えないのでありました。
        ちゃんと江戸時代のタバコでヤキをいれるシーンもありました。
        玉栄は、「坊さんたちには世話になってたが、お前らみたいに下手じゃなかった!」
        とか言うので、多分、レイプもされていると思われます。
        ま、そういうシーンに見えないですけど。

        玉栄はそれを有功様にバレないように頑張るのでした。

        上様(多部未華子)はというと、有功さんが気になるので
        とりあえず白い猫を放り投げてくれます。
        堺雅人さんお得意の瞬きパチパチ。

        最後はいじめの真骨頂で、刀など握ったことのない有功さんに
        剣道をやってもらう、と3人の御中臈は言うのでした。
        男子たるもの上様をお守りするために武芸も磨かなければならないのです。
        女より大変かもしれません男子大奥。いじめられるし鍛えなきゃいけないし。

        そして澤田伝右衛門に千本ノックさせられることになったのでした。
        あ、千本にしたのは有功さんご本人ですが。

        書き忘れましたが、稲葉正勝(平山浩行)さんも頑張っています。
        上様業務を行って鍵をかけまくって地下に潜ってようやく顔を晒せるっていう。
        むかーしむかしに残してきた自分の子供と妻を思い出しつつ
        切ない1人の狭い部屋にぽつり。
        春日局の息子をやるのはとっても大変であります。

        次回は上様とようやくお万の絆が生まれる回になります。

        本当に原作がよく出来ているとドラマも面白いですねえ…。
        実写化をきちんと出来ている作品だとも思います。
        原作はより裏側のことについて細かく描かれているので
        ドラマ見てても読んで面白いはずです。

        【関連】
        大奥 家光・有功編 第1話
        大奥 徳川吉宗編

        JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
         
        映画ブログを探すならこちら


        ドラマ(大奥・家光・有功編) | comments(0) | trackbacks(1) | 

        大奥 家光・有功編 第1話【ドラマ】

        0

          男女逆転大奥のそもそもの始まりは徳川家光の死を隠すことから始まった!

          ということで、堺雅人主演で、ドラマ版大奥の感想を書いて行きたいと
          思います。連続ドラマの感想は久しぶりです…。
          しかも完遂したことがないので、頑張って書きます。

          さて堺雅人の役どころですが万里小路有功という、公家さんです。
          父は万里小路有純で小日向文世が演じています。
          心優しく、民のことを思い出家するのですが春日局にとっつかまって
          大奥に連れてこられることになります。

          実際の大奥でいうところのお万の方ですね。
          ちゃんとお玉(桂昌院)になる玉栄(田中聖)もくっついています。

          で、春日局を演じるのが麻生祐未さん。
          この方はJINでも存在感のあるお母さん役をやってましたが
          今回も存在感ばりばりでございます。
          言葉遣いから目線から何から、本当に何を考えてるのかわからないけど
          おっそろしい!と思わせる春日局を演じています。

          前の記事「大奥 徳川吉宗編」でちょいちょい書きましたが
          徳川家光の時代、赤面疱瘡という謎の奇病が若い男子にだけ
          流行り、世の中の若い男子が激減するという時代…
          ついに将軍までもがその奇病にかかって死んでしまうという事態に
          陥りました。江戸幕府ができて30数年余り、西国の武士たちは
          まだ力を失っておらず、将軍が亡くなったことが世の中に知れれば
          また戦国の世になる…。と春日局は案じます。
          また諸外国に将軍の死が知れても大変なことになるため
          自分の息子稲葉正勝(平山浩行)を死んだことにし、
          影武者をさせることで徳川家光の死を隠すことに。
          そして、徳川家光が残した唯一の子供「千恵」を将軍に据え、
          子供を産ませて徳川の血を継続させることにするのです。



          院主である有功が、江戸に挨拶を命じられて二人の従者(明慧・玉栄)
          を共に江戸へと来るのですが、帰ることを許されず、遊女をあてがわれ
          遊ばされた挙げ句に、女を抱けと春日局に命じられます。
          断ると明慧(駿河太郎)が澤村伝衛門(内藤剛志)に斬り殺され、
          遊女も一差しで殺されてしまい、玉栄(田中聖)を守るために
          遊女と寝ることを受け入れることになってしまいます。
          そして、小菊(原田夏希)を抱いて還俗を決意し、1年の歳月を
          費やして髪の毛を伸ばします。
          大奥へ入ると…現れたのは少女(多部未華子)…。
          「お前は今日からお万じゃ。はいと言え…!」とペシペシ扇子で
          殴られて血まみれになる堺雅人…。
          「あのお方は誰ですか。家光公は御年37のはず。さっきのお方は…少女やないか!」
          と、稲葉正勝(平山浩行)に問いただし、ことの真相を聞かされる…というのが
          1話の内容です。

          なんの違和感もなく大奥に男子がいるという状態を作れているのは
          ストーリーが秀逸だからでしょうか。
          男女逆転と最初に聞いた時、突飛な発想であるなあと思いましたが
          もし、本当にそんな奇病が存在していたとしたら、本物の春日局も
          同じことをするのではないか、と思わざるを得ません。
          春日局がやるっていうのが、本当にあり得るよねーと思わせてしまう
          ところですよね…。
          非道さを、遊女と明慧を殺すところで既に見せていますし。
          明慧を演じている駿河太郎くんはちなみに鶴瓶師匠の息子さんです(蛇足)


          とりあえず、麻生祐未さんは素晴らしいご活躍で
          「ほれ、女を抱きなされ…」とにたにた笑いながら堺雅人に言う姿は
          鳥肌ものです。
          「女はもう必要ありません」とかビシっと言ってしまうところが
          また素晴らしく春日局でございました。

          春日局にとっつかまってしまう万里小路有功さんは慶光院の院主さんで
          もともと公家さんなので京都の人なんですね。
          なので、堺雅人も京言葉を話します。
          「おじゃります〜」とか言うんですがこのイントネーションの
          巧みなこと…!堺雅人はなんでもできるんですね…。

          そして堺雅人の笑顔演技がモノを言っています。
          どんな場面も笑顔で演技が出来てしまう堺雅人…。
          この大奥でも発揮しています。

          これから大奥で酷いいじめとかにあったり、多部未華子ちゃん
          演じる家光(千恵)と仲を深めていくわけですが…
          なかなか楽しみに思える1話でした。

          しかし若い男というには堺雅人はおっさんではないかと
          思うのですが…(笑)それは言ってはダメなとこなんですよね!
          玉栄をやってる田中聖くんの設定が15歳らしいので(びっくり)
          若い美男なんでしょうね…。
          私的に堺雅人は中肉中背のおっさんであってイケメンではないのですが
          江戸時代は白くて綺麗な男子という感じにあってる顔かもしれません。

          いや決して堺雅人がかっこ悪いと言っているわけではないのですが…!

          というわけで他の御中臈を演じる方々もなんか微妙な人が多いです…(笑)

          2話でその方々が出てくるのですが、3人並べてうーーーーーん!!
          と言わざるを得ない感じ。
          私的に一番イケメンなのは今のところ平山浩行(チオビタの人)なんじゃないかと…。
          田中聖くんもイケメンか。ジャニーズだもんな。KAT-TUN!

          フジテレビ系の大奥で美女を並べて楽しむ感じでは楽しめないかもな、
          という感想です。

          それとBLを期待してる方もこれは画面が厳しい…と思うかもしれません(笑)

          で、堺雅人で更に映画もやるんですよね!
          綱吉編で綱吉が菅野美穂!フジテレビの大奥では天璋院でしたが
          今度は綱吉か…!

          映画も一緒に楽しめそうです。
          12月22日から公開だそうなので、ドラマが終了してすぐでしょうか。
          なんとしてもドラマを成功させないと…ですよね(笑)


          【関連】
          大奥 徳川吉宗編
          大奥 家光・有功編 第2話

          JUGEMテーマ:映画
           
          映画ブログを探すならこちら


          ドラマ(大奥・家光・有功編) | comments(0) | trackbacks(0) | 
           | 1/1P | 

          King Fisher Girl

          CATEGORIES
          サイト内検索
          サイト内検索 powered by Google
                   
          Twitter
          LATEST ENTRIES
          ARCHIVES
          RECENT COMMENTS
          RECENT TRACKBACK
          RECOMMEND
          LINKS
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << September 2017 >>
          LINKS
          PROFILE
          にほんブログ村 映画ブログへ
          ブログパーツ
          カウンタ
          ブログパーツUL5
          OTHERS