◆ 

レインツリーの国【映画】

0
    酔った勢いで観てきました。
    「レインツリーの国」
    正直、全く期待していなかったのですが、怖いもの見たさと原作好き、友人のノリの良さ、色々な条件があてはまって観ることができました。結果的に、観てよかったです(笑)

    失礼なお話なのですが、玉森くんには全然期待をしていなかったのです。彼が嫌いとかジャニーズがダメとかではなく…なんとなく漫画や原作ものの実写化で若手俳優を使って成功する映画ってなかなかないなと思っているところがあり、今回もそこらへんにある恋愛映画と変わりないのかなと勝手に思ってしまっていたところがありました。反省しています。

    だからこそなのですが、観たあと、ものすごく満足していて、とっても幸せな気持ちで帰れました。そういう映画です。迷っている人はぜひ観てほしいなって思います。

    原作は有川浩の「レインツリーの国」という同名小説。
    この作品は「図書館戦争」の劇中作でもあり、有川ファン、ひいては図書館戦争ファンにはとても思い入れのある作品です。毬江が大事にしている、この作品が実際に小説になり、そして映像化されたという事実は、とても感慨深いもの。聴覚障害のあるひとみが、普通の女の子として恋愛して、幸せになる物語。そこに同情や偏見や大げさな演出がまぎれていては、一気にうそくさくなってしまうという危険をはらんだ作品でもあります。

    有川流の恥ずかしさでもって、かなりライトに読みやすくなっていた原作ですが、映画は更に観客に寄り添ったものになっていました。正直、原作よりも感情移入してしまうほど良い脚本に仕上がっていたのではないかと思います。なぜかというと、有川さんの描く男の子って現実には到底いなさそうな王子様キャラの男の子が多いんですよね。だからこそ、皆読んで恥ずかしくて死にそうになったり、ときめいたり、妄想をふくらませたりするんですが、それを映像にした瞬間にシラける危険性も凄くあるのです。だから、突き抜けてかっこよくやってしまうか、さらにマイルドにして薄めてしまうかの2択なのです。

    突き抜けてしまうやつは、たとえば最近人気の「壁ドン」や「床ドン」、「顎クイ」とかそういうやつで、マイルドなのが本編の実写「図書館戦争」の堂上とかなんです。岡田君はあんまり恥ずかしいこと言わないですし。「レインツリーの国」はその塩梅を絶妙に配分してくれた映画だと思いました。

    以降ネタばれも含むと思いますので隠します。


    JUGEMテーマ:映画
    続きを読む >>
    映画ブログを探すならこちら


    映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

    図書館戦争 THE LAST MISSION 【映画】

    0
      待望の図書館戦争続編が公開されたので、さっそく観てきました!

      続編情報がいきなり出たと思ったら、
      スペシャルドラマと映画のサプライズ。
      本当に続編が作られるとは正直思ってませんでした!
      スタッフ&キャストの皆さま本当にありがとうございます!!!

      というわけで、感想を述べたいのですが、
      今回は興奮してネタばれをする確率が非常に高いため、
      続きを読む方はそのおつもりでどうぞ!

      JUGEMテーマ:映画
      続きを読む >>
      映画ブログを探すならこちら


      映画(邦画) | comments(2) | trackbacks(0) | 

      るろうに剣心 最期の伝説編 【映画】

      0
        必見のシリーズ完結編です。正直、世界に誇れる日本のチャンバラ映画と
        言ってしまいたいです。規模もアクションも演技もストーリーも全部兼ね備えていると
        思います。原作のめちゃくちゃな部分も結構きれいに整理されていますし
        何より登場人物がとても魅力的に描かれています。
         
        最期の伝説編は、剣心が瀬田宗次郎に敗れ、志々雄一派に薫を人質にとられ
        海落ちてしまった後から始まります。
        偶然師匠に拾われるのですが、まあそれはいいとして…
        比古清十郎(福山雅治)と散々修行して、奥義を会得して新しい逆刃刀を手に入れ
        最終決戦に挑むという内容となっております。


        やっぱり見せ場は殺陣!
        もうそれはそれは見事なのです。

        主な見どころはこんな感じでしょうか。
        剣心×比古清十郎
        四乃森蒼紫×翁
        剣心×四乃森蒼紫
        剣心×瀬田宗次郎
        志々雄真×その他大勢(笑)

        四乃森蒼紫役の伊勢谷くんが、翁の田中泯さんが本気で刀振り下ろしてくるから超痛かったって言ってましたね。本当は寸止めでいいらしのですが、泯さんは本気でやるらしいです。泯さんの本気が、画面の迫力を作ってたんですね!(笑)
        (そういえば、泯さんも朝ドラ「まれ」に出演中)

        伊勢谷くんは「俺はもう年寄りだから、健くんや竜也や、神木君が覚えるの超早くて体力あってすごい辛かった」って言ってました。膝に水がたまったそうです。激しいアクションシーンだったことがうかがえます。

        そして剣心×瀬田宗次郎の殺陣!
        鮮やかかつスピーディーな華麗な殺陣です。
        驚くのは、この殺陣シーン、早回しとかしてないってことでしょうか。
        話を聞いたときはマジで!?って声出しちゃいました…。
        神木君が瞬きしないで見てほしいと言っておられました。
        佐藤健くんの足さばきもすごいし、神木君の身軽な動きは尋常じゃないし
        そのあとの瀬田宗次郎の絶望シーンはさすが天才神木隆之介!!!
        とうならせるすごいシーンでした…。
        健くんに追いつくために4倍練習したという神木君尋常じゃなかったです。

        このあたりで佐藤健くんの足さばきがブレイクダンスからきていることをしるのですが(遅)なるほど納得。殺陣にこうやって使えるんだと感心しました。


        最後の見どころはやはり志々雄がその他大勢と戦うところでしょうか。
        いやすみません、剣心とか斉藤一とか主役級全員なんですけど。
        画面的には藤原竜也が豪快に笑いながら大勢を薙ぎ払ってて
        藤原の兄さんまたやってくれてはるわー!ってなるシーンでした…。。

        何のために剣心が奥義を会得してきたのか、意味がわからなくなるし
        なぜか蒼紫様が途中で参加してくるのかがもっと意味不明で

        志々雄も迷うことなく

        「何だコイツは」

        とか言いながら倒してて
        そうだよね、なんでお前ココにいるん?ていうか誰?だよね…。
        と散々ツッコミを入れざるを得ないシーンでありました。
        しかし、迫力となんかすごい技で押し切る…みたいな…。


        蒼紫様がただのストーカーになってて本当にご愁傷さまでした…。
        (伊勢谷くんあんなに苦労したのに…)

        原作でも充分ストーカーだから、いいですけど(笑)

        左之助なんかいろいろカットされてましたけど、いるだけで暑苦しいから
        映画の露出度でいいかなって思えてしまう。
        絶対プロレス技で締めないと気がすまないのはわかりました。

        斉藤さんは牙突さえやらなければ格好いいですね!

        私は最終決戦のときに、斉藤さんがいつお着替えしたかについて
        やたら気になってましたよ…。着物姿の時は絶対下にスーツ
        着てないように見えたんですが、剣心を送り出してから速攻スーツに
        なってて、え?!いつお着替えしたの!?と…。(どうでもいい)

        最後に皆で戻ってくるシーンはとてもシュールです。
        なんでいるの?的な人がチラチラいますから。
        ということで、女性陣が全然目立たなかったのですが…
        土屋太鳳ちゃんの号泣シーンと、駒形由美の最後のシーンは
        よかったかなぁ…。
         

        JUGEMテーマ:映画
        映画ブログを探すならこちら


        映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

        るろうに剣心 京都大火編 【映画】

        0
          待ちに待った続編でございます。
          ずいぶん前に見たのですが、興奮して感想がかけず、今さら書いております。
          さて、京都大火編、大筋は剣心が志々雄を止めるために京都に向かい、壁にぶち当たるっつー内容になっております。
          京都に行くということで、もちろん御庭番衆も出てまいります。

          始まりのシーンが志々雄登場シーンでわちゃわちゃしているので、原作を知らない人はハテ?サテ?ってなると思いますが…ここはなんかすごい奴が出てきてヤバイんだなーくらいの理解でお願いしたい感じです。

          なんといってもキャスティングです。
          素晴らしいの一言に尽きます。
          何の文句も言えないキャスティングってのはなかなかないでしょう。

          前作からのキャストはそのままに、
          四乃森蒼紫に伊勢谷友介
          志々雄真に藤原竜也
          瀬田宗次郎に神木隆之介

          神キャスティングです…。

          特に瀬田宗次郎の神木くんがどはまりしていて、死ぬほど良かった…。

          インタビューやラジオなどの神木君の発言から、どうも彼は
          役が決まる前から宗次郎の役作りをしていたらしく、「縮地」を
          健くんに見せたりしていたそうなんです。
          佐藤健くんは苦笑して見守っていたそうなのですが、無事に役を射止め
          瀬田宗次郎の本格的な役作りを始めた神木君、一人だけ部活みたいに
          練習していたそうです。
          なんでも瀬田宗次郎は一度、剣心に勝たなければならない。
          だから佐藤健くんに負けない殺陣をしないといけないと必死だったとか。
          その甲斐あって、瀬田宗次郎と緋村剣心の殺陣シーンは見どころがあります。
          この京都大火編はちょっとしか出ないですけど、次の最後の伝説編はすごいです。

          宗次郎が大久保暗殺するシーンも素晴らしいです。
          この子(神木君)、こんなに運動神経よかったっけ?ぐらいの勢いで、身軽に動いててしかもスタントなしだというからびっくりですよ…。

          四乃森蒼紫の伊勢谷友介も超ハマってました。
          見たまんま蒼紫様でした…。
          まあ、蒼紫様の立ち位置は微妙でしたがビジュアルに満足したので
          よしとしましょう。

          そして最後は、志々雄です。ええ、我らが藤原竜也様が
          また下衆い役を見事にやってのけております。
          違和感まったくなし…。

          ただまあ剣心に先輩とかのたまうところがあるのですが
          健くんより竜也くんのほうが年上なので、そこだけ違和感ですかね(笑)

          京都大火編で見逃せないのは、もちろん最後の京都大火の殺陣です。
          剣心はもちろんですが、ここは操役の土屋太鳳ちゃんが大活躍しております。
          なんという見事な足さばき…!!!!
          現在は朝ドラ「まれ」でヒロインをしている太鳳ちゃん。
          実は日体大の舞踏科に所属しているそうで、なるほど納得の身のこなしでした。

          なぜか薫が長刀を持っているのが謎ですが。(弥彦はちゃんと木刀なのに)

          そして最後にちらっと出ている、福山雅治。比古清十郎です。
          体格差といい、ばっちりハマっています。
          このキャスティングが竜馬伝を見ていた人は胸アツじゃないでしょうか。
          (竜馬=福山、人斬り以蔵=佐藤健)
          ま、この作品がきっかけで、佐藤健くんが主演になったので不思議ではないですね。
          (監督が竜馬伝の監督)



          前作の感想:るろうに剣心 【映画】 
          3作目の感想:るろうに剣心 伝説の最期編
          JUGEMテーマ:映画
          映画ブログを探すならこちら


          映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

          桐島、部活やめるってよ【映画】

          0
            口コミで異例のロングランとなった「桐島、部活やめるってよ」を観た。
            観たのは随分と前のことで、この映画について何か語れることはあるのかって
            色々考え続け、ブログの編集画面の前を行ったり来たり。
            途中まで書いた長々とした説明文の画面を残したまま
            後で読み直して、全部消したり。

            でも、結局は、何も浮かんでこなかった。
            映画を観る時に映画の番組をやっている、中井圭さんのTwitterを
            よく参考にしている。
            その中井圭さんが絶賛してて、恐らく変な期待もあったと思う。
            なんだか、凄いものを、この映画に求めていたのだろうな。
            中井圭さんが悪いわけではない。私が変に期待したのがいけない。
            きっと映画としてはとても素晴しいのだろう。
            ロングランや受賞歴からいって間違いない。

            ただ、率直に言うと、私には「桐島」の良さがあんまりわからなかった。
            何がどう響かなかったのか、自分でもわからない。
            退屈はしなかったし、一度も画面から目をそらす事はなかった。
            ただ、登場人物の誰にも感情移入ができず、傍観者になってしまった。

            自分が映画に、共感や何かしらの結末を求めている人間だということを
            初めて知った映画だった。

            「こうあるべき」「この方がおもしろい」そういう見方をしているんだなって
            客観的に思う作品だった。

            この映画には沢山の登場人物が出て来て、それぞれの視点をそれぞれの
            タイムラインで、繰り返し同じシーンを映す。
            視点がくるくる変わる。そして登場人物の意外な真意を知る。

            「桐島」について、様々な感想を読んで、「桐島」という人物が出て来ないことが
            オマージュであるのでは…、キリストがなんちゃらかんちゃら…という
            難しい感想を述べる人がいることを知った。
            その感想について異論を述べるつもりはないのだけど、別段、納得できるとも思えない。

            ただ、何度も観たい映画かというと、違うかな、ということだけかな…。

            出演者の1人、神木隆之介はインタビューで「自分の首根っこを掴まれて、観たくないものを
            直視させられる」というようなことを語っていた。だから、ある種の…というか
            この映画に感情移入できる人にはとても心に響くものなのだろう。
            少なくとも、神木隆之介にとっては、そうなのだ。

            彼がアドリブをしているシーンがいくつかある。
            それはとてもリアルで、そして彼の役柄に非常にマッチしている。
            首根っこを掴まれた感じがそこにあるんだろう。

            私は数多くの登場人物の誰にも感情移入ができなかった。

            高校時代に、「桐島」のようなカリスマはいなかったし
            それに慌てふためくクラスメートもいたかもしれないが、正直言って記憶がない。
            だからといって前田たちのように遠くから、そのクラスメートを眺めることもしていない。

            それが故に、群像劇なのか何なのか、映画の手法が凄いのか、
            色々なことを考えて、考えて、ああたいした感想が書けないなあという結論に至った。

            きっと良い映画なのだろう。異例のロングランなのだし、映画評論家も絶賛。
            日本映画アカデミー賞でも作品賞をとっている。
            その映画の良さを理解できない自分が残念だなと
            心底がっかりしている。

            でも最後の神木隆之介の、リアルで残酷な台詞は好きだ。
            これは朝井リョウの爽やかさの中に隠れてる毒なのかな。
            夢とか希望とかそういう淡くて光に満ちあふれてるものに対して
            グサっとした真実というか…達観してしまった台詞を言う。

            あれは何も持ってない菊池が、自分の空っぽさにさらに矢を射る台詞だ。

            今の高校生ってあんなに息苦しい生き物なのかな。

            だったら「桐島」を観て今の自分を考え直す子がいるかもしれない。


            私にはこの映画に点数がつけられない。
            自分の中でこの映画の立ち位置がわからない。
            つまらない映画でもなければ、すごく面白い映画とも言えない。
            だから今回は点数なしで。

            映画のあらすじとかは、他のブログやサイトで散々されているので
            そちらを読んだ方がよいかと思います。

            私は感想だけで。


            JUGEMテーマ:映画
            映画ブログを探すならこちら


            映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

            黄金を抱いて翔べ【映画】

            0

              原作を読んでいないのですが、観た感想としては
              正直つまんなかった…というのが本音です。

              銀行強盗を計画、一部始終とその末路、それぞれのストーリーが
              あるわけなんですけど、アクション映画やサスペンス映画、
              ドラマを見すぎているせいか、ハラハラとかドキドキとかを
              求めすぎてしまって、どちらも微妙なラインにまでしかあがらない
              中途半端な映画だなあと、感じざるを得なかったです。

              最後、個々人ぼろぼろになるところも、悲哀というのが
              恐らく監督の考えているものと私の感じられるものが違っていて
              モヤっとしてしまい、期待をこえてくれなかったです。

              俳優の演技はどれも素晴しかったと思うのですが…
              何がいけなかったのだろう。
              原作を読めば、このモヤっと感が解消されるのだろうか?
              そんな不思議な感覚ですね。

              宣伝時点では、とても面白そうって思ってたんです。
              だから、きっと何かしら期待するものがあったはずなんです。
              でも、実際観た感想は「うーーーーん」でした。

              妻夫木くんのバックボーンが弱かったのか
              韓国人の子の前ストーリーが足りなかったのか
              西田さんの裏の顔のシーンが欲しかったのか

              浅野忠信の悲しみがもうちょっと欲しかったのか

              色々思うところはあるのですが
              あったとしても、何か足りない気がします。

              何回か観たらわかることなのでしょうか?
              でも何度も観ようとはあんまり思わないかなあ…。
              原作本を読んでみようと思います。

              脚本:★
              キャスティング:★★
              伏線回収度:★★
              ハラハラ度:★★
              ミステリー:★

              32点です。

              JUGEMテーマ:映画
               
              映画ブログを探すならこちら


              映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

              ヘルタースケルター【映画】

              0
                 
                さすが、エリカ様…。
                圧倒されました…。

                ヘルタースケルターは大森南朋(検事)いわく、しっちゃかめっちゃからしいのですが
                見事にしっちゃかめっちゃかな映画で、なのにそれが何故か映画として成立している…
                恐ろしく不思議なことになっています…。

                原作は岡崎京子の漫画が原作なのですが、本当に蜷川実花の色に完全に染められていて
                世界観が出来すぎているのに怖さを感じました。
                なんなんだこの蜷川の血筋は…!

                ああ、印象がすごすぎて感想がしっちゃかめっちゃかですね。
                簡単にストーリーをお話しますと…

                全身整形のりりこが人気の絶頂から、整形の後遺症と新人の出現で
                どん底まで落ちて行く物語です。
                美しくなければならないプレッシャーにどんどん精神が飲み込まれていき、
                整形の後遺症で顔や身体は痣だらけ、おまけに新人が生まれたときから
                美人で美へのプレッシャーや人気に何の執着も持たない自分とは正反対の
                存在。あっさり自分の場所を取られて焦りと恐れでどんどんおかしくなっていく…。

                とまあこんな感じです。
                が、映画というかなんというか…私はこの映画、ファッションだと思います。

                一応、りりこの通っている美容クリニック(原田美枝子)の不正を暴くだとか
                裏ストーリー的なものを検事役の大森南朋と鈴木杏が担当しているのですが…
                それはもうこの映画の些細なパートであって、あってもなくても別にいいかも
                というくらい(失礼)
                なのに配役が豪華なんですよね…。徹底してキャスティングしてるのが凄いです。
                よくできたな蜷川実花…!

                私がこの映画をファッションと思うには理由があります。
                蜷川実花マジックで、色んなファッション雑誌とコラボレーションしているんです。
                映画に出てくる雑誌は全部実在します。
                それ故に、出てくる画面が全てオシャレだし、蜷川実花もカメラマンで出演しています。
                VOGUE girlの撮影シーンなどでちらちら出てきます。
                日本のファッション雑誌をゲリラできる映画監督は蜷川実花しかいないんじゃないですかね。

                とにかく、そんなわけでファッション雑誌の撮影シーンをありとあらゆる方法で
                見られます。そして、そこに映る沢尻エリカの可愛さが半端ではありません。
                どんな顔もできるし、どのシーンにも期待に応える演技をしています。
                どんな格好をしても可愛いし、かっこいいし、

                全て絵になる…。

                こんな映画なかなかないですね…。

                R15で、エッチなシーンもあるし、沢尻えりかの全裸シーンは結構でてくるのですが
                ファッション映画なので、なんかすべてを受け入れられる不思議な感じです。
                窪塚洋介や哀川翔、綾野剛、寺島しのぶなど男女問わずベッドシーンがあるし…
                まさにしっちゃかめっちゃかですよ。
                受け入れられてる自分がおかしいのではないかと、見ている人までりりこの
                脳内のめちゃくちゃさの影響を受ける映画ですね。

                そして…この映画の貢献者は寺島しのぶだと思います。
                彼女は主役級の女優なのに、ものすごい小者感満載なりりこのマネージャー役を
                違和感なく演じていて、この人、本当にすごい女優だなあって
                改めて思ってしまいました…。
                めちゃくちゃな要求に全部応えてしまう、そのくらいりりこを愛しちゃってる
                マネージャー役を見事に演じきってました。この小者なマネージャーがいるから
                沢尻えりかがもの凄く引き立つし、寺島しのぶが画面にいるから
                なんとなく映画の安定感がある…というか…。

                もちろんママ(事務所社長)の桃井かおりも安定感があって
                この役は桃井かおりしかできないなあって感じなのですが
                寺島しのぶ抜きには成立しない映画であったと思います。

                でも、羽田ちゃん(寺島しのぶ)の彼氏に綾野剛はないです…。
                かっこよすぎるって…!
                どうやって羽田ちゃんと付き合うことになったのか全然想像ができない…。

                だがしかし、この映画で綾野剛以下のメンズだとファッションにならないという…。

                そのような感じで、何もかもがオシャレに見えると女子的には
                結構なんでも許せてしまう映画なのでした。

                りりこの部屋はすごいです。
                どぎついんだけど、めっちゃくちゃ可愛い。
                画面が常にオシャレ。
                ああいう部屋を自分で作れないんだけど、女子なら一度はあの部屋に
                いってみたいと思うかもしれません。
                私は柄とかショッキングピンクとかあまり好きではないのですが
                あの世界観を目の当たりにすると、好みでもないのに
                ああ、素敵な部屋だなあって思ってしまうんですね。

                蜷川実花マジックですよ、まさに。

                あの極彩色の世界が2時間の映画になっている。
                さくらんの時よりもっとまともに映画になっている。

                蜷川実花の成長した作品でした。

                原作をあれだけ自分の世界観に染めてしまう人は世の中にそうそういない気がします。

                一番びっくりしたのはクレジットで、大森南朋が2番目に出てきたことですかね…。
                なぜ寺島しのぶじゃないんだ…!
                という小者感をクレジットでも体現。素晴しい。

                ああ、忘れてはならない。
                新井浩文のおねえキャラのメイクさんもよかったー!

                そして吉川こずえ役の水原希子ちゃんもよかったです。
                沢尻エリカの可愛さとはひと味違って、オシャレで、かつ若いっていう
                役どころにぴったりでした…。
                希子ちゃんの堂々とした感じや、無言の演技、自信がみなぎってる感じは
                こずえにぴったりでした。

                この映画の主役は本当に沢尻えりかにしかできないですね…。
                ヘルタースケルターをやる前に色々あって、エリカ様と呼ばれるようになって
                それがりりこと見事にリンクしています。
                悩んでいることは全然違うと思いますが、りりこの追いつめられていく状態は
                エリカ様が追いつめられていく状態と非常にリンクしました。

                沢尻えりかは演技がすごく上手なので、ファッション性だけでなく
                演技を見つめることもできる。

                ずっと彼女を映していてもそれだけで、場面が成立していく。
                その存在感の強さに感動しました。
                役が抜けなくて体調を壊したっていう報道がありましたが
                見たらわかります。本当に全身全霊でりりこを演じています。
                メイキングでクランクアップの映像があるのですが、あまりに入りすぎていて
                蜷川実花と抱き合った後の顔がこわばっているし、花束をもらっている時も
                少し震えて笑顔を作っていました。(雨の中で泣くシーンが最後のカット)
                あれが最後だったら、本当に体調崩すと思います…。

                色々なことがあった沢尻えりかをヘルタースケルターで生き返らせた
                蜷川実花って本当にすごいですね…。

                この映画、やってよかったと思います。

                見てこれだけ色々言える映画はとてもいい映画だと思います。

                女子にはおすすめ。ただちょっとどぎついシーンがあるから
                家族の前では見ない方がいいかも★

                では採点を。

                脚本:★★★
                オシャレ度:★★★★★
                キャスティング:★★★★★
                蜷川実花指数:★★★★★
                R15指数:★★(R18じゃないか、と思う)

                80点です…!

                JUGEMテーマ:映画



                映画ブログを探すならこちら


                映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

                図書館戦争【映画】

                0
                  図書館戦争
                   

                  観てきましたーーー。

                  図書館なのに戦争ってどないやねん!
                  って思う人がいるかもしれませんが、これが、実は結構本格的に戦っておりまして
                  岡田くんが縦横無尽に走り回っております。

                  時は1988年に遡りまして、「メディア良化法」というのが制定されます。
                  これは公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を規制する法律なのですが…
                  この法律をめぐって武装することまで黙認される時代がやってきます。
                  それが「正化」という時代です。(現実にあてはめると平成の代わりが正化という元号)

                  「メディア良化法」とはなんぞや?という話ですが…
                  端的に言えば…犯罪者が愛読していた本だった、とか…性的な表現が過剰だから…
                  (今まさに青少年なんとか法とかで議論になってますね)とか
                  そういう理由で本や活字を読む自由を取り上げてしまう法律です。
                  そしてこの法律を厳守せんとばかりに、良化隊という警察に似た組織ができ、
                  武装して、本屋を検閲しだすのです。

                  図書隊はその良化隊に唯一対抗できる組織、いわゆる図書館の自衛隊です。

                  図書館戦争はメディア良化法と戦う図書隊員のお話です。

                  まずキャスティングなのですが…素晴しいんですのよ〜。
                  ダ・ヴィンチという雑誌のアンケートで共に1位に輝いた二人が主演。
                  キーパーソン柴崎は有川さんがあてがきしていた栗山千明。
                  イメージ通りの絵面で素晴しかったです。

                  特に岡田准一くんの堂上は素晴しすぎました…。
                  いつの間に美しくてラフマニノフを聞きながら絵を描く青年から
                  めっちゃ格闘マニアに成長したの?くらいの勢いで…。
                  格闘シーンがとてつもなく美しいのですよ。実際に強いからなのでしょうが
                  動きがとても機敏でソツがなく、強い堂上篤を見事に体現していました。

                  そして榮倉奈々ちゃん。これほど郁が合う女優がいるんですかね?
                  というくらいドはまりでした。背丈といい、郁の持つ無邪気な感じといい
                  榮倉奈々ちゃんはぴったりで…実写でこんなにキャスティング満足したことないぞ
                  というくらいでした。栗山千明ちゃんと並んだ姿を見ても郁と柴崎にしか見えず
                  すごい実写だと戦慄きました。

                  懸念していた小牧役の田中圭くんも素晴しくて…!
                  小牧は笑い上戸という癖があるのですが、一言も映画にその言葉が出て来ないんですね。
                  でもちゃんと笑うべきときに、小牧らしく笑ってくれていて、感動しました。
                  ちゃんと原作読んでるんだと思わせる演技で、田中くんのちっさい動作も
                  つぶさに観察してしまいましたよ…!
                  ちゃんと小牧でした!(笑)

                  あと忘れてはならない福士蒼汰くん!!!
                  手塚にぴったりでした。仮面ライダーをやっていたそうなのですが、
                  その頃の活躍は全然知らず、手塚をこんな新人に任せてよいのかと
                  勝手に思っていたのですが、杞憂でしたよ。
                  ごつごつの先輩と違って細身ですらっとしてて、女の子にモテそうで
                  アニメのゴツそうな手塚より私は福士くんの手塚の方が原作イメージと
                  近かったです。


                  玄田隊長は橋本じゅんさん。
                  私的にはもうちょっとごっつい人でも良かったかなあ。
                  好演されてたんですけど玄田さんはもっと灰汁が強い感じが良かった。
                  シリーズにするならなおの事…。

                  折口マキ役の西田尚美さんはすごくあってました。映画の中でもう少し
                  彼女のターンが欲しかったくらいです。すごく重要なキーワードを話すのが
                  彼女の役割でもあるので…。

                  そして有川さんが稲嶺さんは児玉清さんしかあり得ないということで
                  稲嶺ポジションを石坂浩二さんが仁科指令として演じられていました。
                  児玉清さんはちゃんと稲嶺さんとして写真出演されていてですね…
                  事情を知る者は泣けてくる演出でした。

                  という感じでキャスティングの感想だけだらだら述べました。
                  肝心のストーリーですが、やっぱり若干尺が足らなくて、まき具合が半端なかったです。
                  それ故に、柴崎の存在感が少し薄かったり…手塚兄(映画ではノンクレジット)が
                  関わる第三機関が突然現れたりと、原作を読んでいない人にはわかりづらいものが
                  あったように思います。

                  図書館戦争はどのキャラクターも強い個性を持っているので、
                  それを活かしきれていないかな、という感じが凄くしました。
                  キャスティングが素晴しいだけに、もう少し一人一人にクローズアップすることに
                  チャレンジしてもらいたかったですね。

                  しかしならがアクションは見応え満載でした。
                  特に後半の岡田くんが1人で縦横無尽に戦う姿が非常に良くてですね…。
                  普通のアクションだと

                  あーここはワイヤーだー

                  とかなるんですけど、岡田君のアクションにはそれが一切なく
                  息もつかせぬ素早さで見ているこちらも気持ちのよいアクションでございました。
                  ワイヤーアクションも好きなんですけど、こう綺麗に決められると
                  ため息ですね。
                  SPも同じですが、岡田君のアクションを見るのであれば凄くオススメの作品です。

                  有川好き、図書館戦争好きとしましては、ラブ度が低かったので
                  是非続編を作って頂いて、ラブの掘り下げもお願いしたいです。

                  加えて、柴崎と小牧にもう少しクローズアップして欲しいですかね。
                  キャスティングは変わらず…切にお願いしたいです。

                  岡田君のアクションをもう一度見たいですし。

                  これから観るという方は是非、原作をお読みになってください。
                  すぅーっと読めてしまいますし、一応1巻ずつで終わっていますので
                  図書館戦争だけ読むのもありです。

                  読めばもう少しキャラクターのことが理解できます。

                  映画館では原作ファンが多かったみたいで、何も知らない人が
                  笑ったりしないところで笑いが起きていました。
                  そういう楽しみ方もできます。

                  今回から難しいですけど…観た映画に点数をつける事にしました…(笑)
                  こういう評価は苦手なのですが、何かの指標になれば。

                  キャスティング ★★★★
                  ストーリー   ★★★
                  アクション   ★★★★★
                  原作再現度   ★★★★
                  ラブ度     ★★

                  ★を1つ4点としまして72点です。

                  続編でたら評価あがるかも〜★


                  JUGEMテーマ:映画
                  映画ブログを探すならこちら


                  映画(邦画) | comments(6) | trackbacks(0) | 

                  SP 革命編【映画】

                  0
                    評価:
                    金城一紀
                    ポニーキャニオン
                    ¥ 2,800
                    (2011-08-26)


                    29日の放送を見逃したので…革命編だけの感想になります…。
                    あとでDVD見よう…。
                    野望編と革命前夜編を見ていないので…ちょっと変則の感想です。

                    本当に感想だけになってしまいますので…参考にならないかも。
                    兎に角見終えた瞬間に、息をはーーーーっと吐きました。

                    息つく暇もないような緊迫感なんですよーーー。
                    前の作品を見ていないにも関わらず、視聴者を引きずり込む
                    映像作りは素晴しかったです。

                    特に面白かったのが、第四係VS新第四係のアクションシーンですかね。
                    テンポがよくて、しかもメリハリが聞いていて見ていて非常に面白かったです。
                    そして第四係つえぇ…って思いました(笑)

                    その後の真木よう子の発言がまた最高ですね。

                    「やっつけちゃえばいいんじゃない」

                    さらっと真顔で言ってしまう男っぷり(笑)

                    そういうと思ってましたと、井上(岡田准一)が出したのが
                    テープの山で、こっからホームアローン作戦…!!!
                    見ればわかると思うのですが本当にホームアローンの再現みたいな
                    シーンがあって笑いました。
                    公式ツイート見てなかったら、きっと連結して考えなかったと
                    思うのですが…確かにホームアローンでした(笑)

                    その後第四係は大活躍であっという間に国会議事堂の中のテロリストたちを
                    やっつけてしまうのですが…ここが怒濤の勢いだったため
                    前段のホームアローン作戦と比較するとなんか物足りない感じでした。
                    強いのはわかるんだけど…。
                    難なく制圧できちゃったのが腑に落ちないというか。
                    真木よう子はすごく格好良いんですけどね。
                    あんな目立つとこからよくもまあばしばし撃ちましたよ。
                    相手から撃たれてないのが奇跡ですわ。

                    山本圭さん演じる首相も頑張って走って逃げてましたが
                    このシーンのために三ヶ月走り込んだとか…!
                    岡田君に至っては2年間も武術の稽古をしていたとか…!

                    俳優ってすごいですね…。

                    おかげでとても見応えのあるシーンが随所にございました。
                    岡田君のアクションシーンが本当に綺麗だった。
                    宙返りしたあと一本投げするとことか、あんなに流れ作業でできるもんなのか、と
                    思ったくらい。
                    最初にアニメーションでアクションを作って、そのあと俳優が演じる手法で
                    撮影したといいますがイメージ通りになっているのでしょうね。
                    とっても見応え満載でした。

                    後ろに控える幹二朗ジュニアたち黒幕一派や香川照之のお話など
                    全てを見ていないので、ちゃんと見たいなあと思っています。

                    お話の途中でも出てくるのですが、国会議事堂を選挙して、テロを
                    やったら、日本が危険に晒されるっつー首相の言葉はほぼその通りかと
                    思います。あんなおっさんたちが汚職にまみれて政治をしているというのは
                    受け入れがたいことですが…日本をまわしている人たちもあの人たちなわけで
                    なんだか色々考えさせられる映画でしたね。

                    映画館で見ておけばよかった!!!

                    そして映画 図書館戦争の岡田君のアクションに期待!!!!

                    ちゃんとSPものを全部見てまともな感想を書きたいと思います。



                    JUGEMテーマ:映画
                     
                    映画ブログを探すならこちら


                    映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

                    探偵はBARにいる【映画】

                    0
                      評価:
                      ---
                      アミューズソフトエンタテインメント
                      ¥ 2,872
                      (2012-02-10)


                      え、BARじゃなくてもよくね?????

                      ってツッコミを入れてしまいました。

                      出演は大泉洋、松田龍平、小雪

                      あらすじ…はどうしよう…。
                      とりあえず、謎の女性「近藤京子」という依頼人から電話が入ってき、
                      誰々と会えとか、誰かが呼び出しに応じるか確かめろとか、指令だけ
                      きて、探偵の大泉さんはあちこちいってはボコボコの血まみれになって
                      帰ってくるっていう…。

                      最後は依頼人にしてやられて死人が…。

                      という探偵の仕事をしているのでしょうかこの男は…????

                      大泉洋が好きな人は楽しいかもしれない。
                      松田龍平くんの格闘シーンは美しいです。
                      ボケてる役柄もとてもあっています。

                      謎の依頼人で大きな会社のボスの未亡人役の小雪も綺麗です。
                      ていうか、電話の声は小雪としか思えないのに
                      探偵のくせにそれもきちんと見破れないのは何故なの…?
                      依頼人に振り回されまくって色んな人を死に追いやって
                      映画が終わってしまったので、なんか後味が…。

                      でも続編が決定したんですよね。
                      不思議。

                      水曜どうでしょう人気のおかげなのですか。

                      ハードボイルド映画だそうなのだけど…全然ハードボイルドを
                      感じなかったし大泉洋が暴れているシーンを見て
                      現場を荒らすなバカ!!!って思ってしまいました…(刑事ドラマの見過ぎか)
                      この映画、「相棒」の製作陣が多いそうなので、余計に
                      何故現場を荒らすシーンがあるのか謎すぎます。

                      無駄に豪華キャストで、目を見張る活躍だったのが
                      高嶋政伸でしょうか。前髪をおろして鼻ピアスして
                      狂ったヤクザ役を素晴らしく演じられておりました。

                      それと小雪の旦那役の西田敏行ね。
                      最初に出てくるんだけど、どんどん良い人になっていくところが
                      いいですね。最初はどんな悪者かと思ってみるんですけど
                      最初に殺されちゃうんですよねー。
                      で、良い人ってことがわかるっつー…。

                      ゲイの田口トモロヲさんも大活躍。
                      素敵なキャラでした。

                      写真だけで近藤京子の妹役で吉高由里子も出てました。
                      もったいない…なぜ写真だけなんだ…!!!

                      北海道のヤクザで大泉さんと縁があるっつー役で
                      松重豊も出てました。これもまた味のある演技でねー。

                      脇の役者と演技は本当に素晴らしかったですよ。
                      ただストーリーと主役の探偵がさー…。ツッコミどころ満載で
                      私は不満でした。

                      だってさー
                      「俺の依頼人に何かあったらぶっ殺してやる」
                      ってCMにもなってたと思うのですが…
                      全然逆だしね。
                      誰も殺せてないし、何もできてないもんね。
                      調べて回ってたら、どんどん死人が…。
                      っていうね。

                      二時間ドラマレベル。
                      すみません、そういう感想です。人気あるらしいですが…
                      連続ドラマ「相棒」の方がよっぽど面白いです。

                      うーん。次作があるとして…みたいんだろうか…、
                      原作の本があるらしいので、それを読んでみたいと思います。

                      東 直己かー…。あー…。





                      JUGEMテーマ:映画
                       
                      映画ブログを探すならこちら


                      映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 
                       | 1/8P | >>

                      King Fisher Girl

                      CATEGORIES
                      サイト内検索
                      サイト内検索 powered by Google
                               
                      Twitter
                      LATEST ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      RECOMMEND
                      LINKS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      LINKS
                      PROFILE
                      にほんブログ村 映画ブログへ
                      ブログパーツ
                      カウンタ
                      ブログパーツUL5
                      OTHERS