◆ 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    映画ブログを探すならこちら


    - | - | - | 
    << SHINOBI【映画】 ◆ メゾン・ド・ヒミコ【映画】 >>

    コーラス【映画】

    0
      コーラス メモリアル・エディション
      コーラス メモリアル・エディション


      <ストーリー>
      1949年、音楽教師マチューは「池の底」という名の寄宿舎に赴任する。この学校には、親をなくした子供や素行の問題で親元を離れた子供たちが集団生活をしていた。子供たちに本来の純粋さや素直さを取り戻してもらおうと、マチューは合唱団を結成し、歌う喜びを教えていく。最初は面白半分だった子供たちも、徐々に歌うことの素晴らしさ、楽しさに目覚めていく。そんなある日、マチューは誰もいないはずの教室から美しい歌声を耳にする。それは学校一の問題児、ピエール・モランジュだった・・・。

      内容紹介
      <特典映像>
      メイキング/撮影現場より/イースターエッグ(隠しコマンドで観られる映像)/来日時インタビュー(J.ペラン、J=B・モニエ)/オリジナルティーザー/オリジナル予告/日本版予告

      <封入特典>
      楽譜付ミニ写真集/封筒付フォトカードセット/紙飛行機ペーパークラフト

      <スタッフ>
      製作:ジャック・ペラン
      監督・音楽:クリストフ・バラティエ

      <キャスト>
      ジェラール・ジュニョ
      フランソワ・ベルレアン
      ジャン=バティスト・モニエ(サン・マルク少年少女合唱団ソリスト)



      いやあ…もうねこれは歌だけですね。
      よかったんですけど(笑)

      サンマルク少年少女合唱団に所属するジャン・バティスト・モニエくんの美声には感動しました(モランジュ)。うますぎる。キレイすぎる。まさに天使。美少年ですし。3000人の中から選ばれたらしい。

      よかったです。


      この映画、フランス映画至上最多観客動員数を記録したそうです。
      そして、合唱団登録する人がかなり増えたとか。


      全体的にすごく良い映画で最後のシーンなどは感動ものでしたが


      また、「が」とかいっちゃって申し訳ないんですけど

      いいですか準備は。


      突っ込みよろしいですか??



      OK
      はじめます。


      ・譜面台の彼が可哀想だ
      ・モランジュの母親にいれこみすぎだ
      ・歌で子供をコントロールしている気配あり
      ・紙飛行機全部拾えよ


      以上です。


      疑問は
      優れた先生が何故歌の下手な子に歌を教えず譜面台にするのか?
      また譜面台にされたことは、なぜその行為に嘆かないのか??

      モランジュの母親に媚びているため、ごまかしにモランジュを
      怒らなかったりしたのではないか?それに対して先生に不信感を
      感じたモランジュの気持ちを理解できていないのではないか?

      挙句、君のソロがなくても合唱はできると言い放ち、
      本番にソロを振ることで彼の気持ちを掴むという行為は
      卑怯ではないのか?
      あまつさえ日記で「私に許された喜びの気持ちで一杯のようだった」
      などという自惚れた記述を残しているのは人間としてどうなのか??
      許されるのは自分であり、許すのはモランジュのほうだ。
      自分の母親に媚びる先生に憤るのは当然のこと。
      それをどうして”許してもらう”ことがあろうか。
      怒ったままでいいと思う。


      この教師は彼の大事なもの(すなわち歌のソロ)を取り上げ
      それを武器に彼を手なずけたのだ。
      人間としてどうなの?


      最後のシーンで子供たちが書いた手紙の飛行機。
      全て拾わずに彼は去っていく。
      ここで子供たちを愛しているなら
      普通は
      飛行機全部ひろうだろ?


      彼がどんなに優れた音楽の教師であったとしても
      子供たちにどれだけ好かれていたとしても
      優れた教師ではなかったと思う。


      個人の感情(たとえば恋とか)はあるので仕方ないし
      それを映画で表現するのは構わないけれど
      マチュー氏が素晴らしい教師だったとはあまり思えなかったです。

      それよりマクサンスの人柄のほうがよかったよ。


      そして問題児の子の出演に意味があったのかは
      甚だ疑問です。
      学校が燃やされるために存在していたのでしょうか?
      マチューが追い出されるため??
      ペピノももう少し活躍させてあげてよかったんじゃないかと。


      だからこの作品は、モニエくんの歌声でもっていると
      思っています。

      いや悪い作品ではなかったんですけど
      フランス人と私の感性は違ったということで。

      amazonの評価が著しく良くて突っ込んでる人が一人というのも
      気になりました。皆さんそれほど気にしないってことでしょうか?

      謎です。


      同じ歌系なら天使にラブソング2の方がいいですよ。
      同じ問題児に歌を歌わせるというやつですけど。
      悪びれているデロリスの方がはるかに良い教師です。



      映画ブログを探すならこちら


      映画(洋画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

      スポンサーサイト

      0
        映画ブログを探すならこちら


        - | - | - | 

        COMMENTS






        TRACKBACK

        TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/113

        King Fisher Girl

        CATEGORIES
        サイト内検索
        サイト内検索 powered by Google
                 
        Twitter
        LATEST ENTRIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINKS
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        LINKS
        PROFILE
        にほんブログ村 映画ブログへ
        ブログパーツ
        カウンタ
        ブログパーツUL5
        OTHERS