◆ 
<< ラブ・アクチュアリー【映画】 ◆ 宇宙戦争【映画】 >>

チャン・ツィイー

0
    私が見ている映画によくチャン・ツィイーが出ているので
    俳優コンテンツを作って、俳優さんについて語ろうと思いまして
    作っちゃいましたv

    第一弾はチャン・ツィイー。

    まずは略歴。
    章 子怡 (しゅう しい) (チャン・ツィイー、本来はチャン・ツーイーが正しい)
    1979年2月9日生まれ。

    中華人民共和国北京出身の女優。中央戯劇学院表演科(大学本科)卒業。164cm。O型。父は郵政省の幹部で、母は幼稚園保母。

    8歳のとき体が細かったため「丈夫になって欲しい」という母の勧めで舞踊を始め、11歳のとき北京舞踊大学附属中学で合格すると16歳で全国青年ダンス・コンテストで優勝した。中学校卒業後、北京の名門演劇学校・中央戯劇学院に入学。

    1994年に全国桃李杯舞踏コンクールで演技賞を受賞した。17歳で「星星点灯」(放送時は「蛍火」)で主役を務め、女優としてデビューする。

    19歳のとき張芸謀(チャン・イーモウ)監督の映画「初恋のきた道」(原題:我的父親母親)で語り手である青年の母(この映画の主人公)を演じ、この映画が第50回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したことから、脚光を浴びるようになる。

    映画「グリーン・デスティニー」(原題:臥虎蔵龍)、成龍(ジャッキー・チェン)やクリス・タッカーと共演した映画「ラッシュアワー2」でアジア以外の国々でも広く知られるようになり、国際的な知名度を得るようになった。

    その後も張芸謀監督の映画「HERO」(原題:英雄)や「LOVERS」(原題:十面埋伏)、鈴木清順監督の映画「オペレッタ狸御殿」に出演して人気を博し、ロブ・マーシャル監督の映画「SAYURI」(原題:Memoirs of a Geisha)主演で2006年ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。

    成龍(ジャッキー・チェン)等に通訳してもらいつつ撮影に臨んだ「ラッシュアワー2」では、英語の必要性を痛感し、後に勉強を始めて、習得した。

    洗髪料花王アジエンスシャンプー・リンス(「アジアン・ビューティー」のキャッチフレーズでおなじみ)のテレビCMにより、日本国内での知名度も高まりつつある。


    ■主な出演作品(リンク先は私の感想記事にとびます)

    星星点灯(放送時は「蛍火」)(1996)
    初恋のきた道 我的父親母親(1999)−ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作品
    グリーン・デスティニー 臥虎藏龍(2000)
    ラッシュアワー2 Rush Hour 2(2001)
    天上の剣 The Legend of ZU 蜀山伝 (2001)
    MUSA -武士- Musa (2001年)
    HERO HERO (2002)
    パープル・バタフライ Purple Butterfly (2003)−仲村トオルも出演
    ザ・ブライド The Bride (2003)
    LOVERS 十面埋伏(2004)
    2046 2046(2004)
    ジャスミンの花開く 茉莉花開 (2004)
    オペレッタ狸御殿(2005)
    SAYURI Memoirs of a Geisha (2005)
    夜宴 The Banquet (2006)
    こうやって見ると、感想記事が少ないことに気づきます。
    昔にみた作品は、感想書いてないのですよねー。
    HEROとか6回くらいは確実に見てるんですが(笑)

    グリーンデスティニーもすごく好きな作品ですね。
    ミシェル・ヨーが素敵なんですよーv

    チャン・ツィイーもアクション満載でいいんですよね。

    最近MUSAとSAYURIを見たので感想を書きたいと思ってます。


    彼女の出演している映画は、脚本がすごく良いというわけでは
    ないのですよね。世界的に評価されている作品が多いですけど
    私はそれほど好きというわけではないのです。

    でも、評価が高いのは、ひとえにチャンツィイーの魅力ゆえだと思うのですよねー。
    人をひきつける輝きといいますか、アジアの美しさを集結させたというか
    癖のない顔が良いのですよ。
    小ぶりで、小さくて、細くて、白くて、小動物みたいなの。
    動きが優雅で、花が咲いたような感じね。

    だからさして重要な役じゃなくても、パッケージで強調されちゃったり
    するんですよ。チャン・ツィイーは。

    天上の剣なんか良い例で、ほとんど彼女は目立ったことをしない役なのですけど
    パッケージだとど真ん中でめっちゃ目立つんですよね。
    期待してDVD見た人ががっかりするような感じで(笑)。

    その存在感はすばらしい才能です。

    MUSAでも紅一点というだけで、チャン・ツィイーが出てるから
    どうという話ではなかったんですよね。
    そしてSAYURIはチャン・ツィイーでなければ成立しなかったかな、と思います。

    どんな小さな役でも映画を見てみたいと思わせる
    彼女の作品、これからも積極的に見ていこうと思います。



    映画ブログを探すならこちら


    映画女優 | comments(0) | trackbacks(2) | 

    COMMENTS






    TRACKBACK

    from goo goo g'joobな散文日記  at 2006/10/22 2:37 PM
    48本勝負  10月20日(金) 尊敬する監督。 鈴木 清順監督って、ご存知ですか? 素晴らしい映画を数々撮り続けてるんですが、評論、分析、説明、まったく不要。面白い、面白くないという様な主観なるものは、さて置いて・・・・ 兎に角、すべてパーフェクトな映画
    from ハルカの記録  at 2007/03/30 7:27 AM
    チャン・ツィイー   チャン・ツィイー章 子怡(チャン・ツィイー)は、中華人民共和国|中国北京出身の女優。中央戯劇学院表演科(大学本科)卒業。164cm。"ツィイー" のカタカナ表記は、中国語のピンイン "Zh?ng Z?y?" を英語読みした場合の発音(カナで書くなら "ジャン
    TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/147

    King Fisher Girl

    CATEGORIES
    サイト内検索
    サイト内検索 powered by Google
             
    Twitter
    LATEST ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    RECOMMEND
    LINKS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    LINKS
    PROFILE
    にほんブログ村 映画ブログへ
    ブログパーツ
    カウンタ
    ブログパーツUL5
    OTHERS