◆ 
<< 2012年10月08日のつぶやき ◆ 2012年10月10日のつぶやき >>

アイアンマン2【映画】

0
    評価:
    ---
    パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
    ¥ 1,479
    (2011-10-21)


    アベンジャーズを見て、からの、ーマイティ・ソーを見て、からのー、アイアンマン2
    という非常に順番を無視した見方をしています。
    順番に見るべきだった。しかしアベンジャーズを再度見に行くのも良いかもしれない。
    などと色々考えることができるアイアンマン2でございました。

    ☆見る順番
    1.『アイアンマン』(2008年)
    2.『インクレディブル・ハルク』(2008年)
    3.『アイアンマン2』(2010年)
    4.『マイティ・ソー』(2011年)
    5.『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』


    アイアンマンは見ていたものの、まだハルクとキャプテン・アメリカは
    見ていないです。それを見なければ…とアイアンマン2をみて痛感。
    そしてアベンジャーズをもう一度映画館で見なければ…!!

    そんな感想が出てきてしまうこの映画、アイアンマン2…。
    結果的に映画を見ての感想なのですが…
    アイアンマン2は非常に見応えがあって、このヒーローストーリーに
    何故かちょっと感涙しそうになるシーンまで盛り込まれていたことに
    驚愕をしてしまいました。
    アクション映画でこれほど熱中して見たのは、「スパイダーマン3」以来ですね。

    アイアンマンは他のヒーローと違って自分の存在を世界にアピールするという
    特徴が非常によくて、世界情勢がスターク社の存在によって動くという
    なんだか新しいスタイルのヒーローストーリーです。
    俺がアイアンマンだ!って言っちゃうトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)
    は彼らしいキャラクタでとてもよろしい。

    アリーmyラブで降板した時はとても悲しかったけれど
    華々しく狂ったキャラクタで復活してくれて嬉しい限りです。
    キャラクタとしては、「シャーロック・ホームズ」もはまり役ですが…
    アイアンマンのとんちきぶりも素晴らしいものがありますね。
    アイアンマン2はアイアンマンと違って、ありえない天才でも抱える苦悩が
    存在するのですよ。その苦悩と葛藤が、感涙シーンに繋がっていて
    とても良いです。
    それと、アベンジャーズポイントとなりますが、スカーレット・ヨハンソンが
    演じるブラック・ウィドウがかなりの頻度で出てくるのがこのアイアンマン2。
    アベンジャーズでブラック・ウィドウの出演シーンに不満を抱かれた方は
    是非ともアイアンマン2をおすすめしたいところです。
    あますところなく強い女子っぷりを発揮しています。
    アイアンマンと違い、肉体派ですが女子の戦いを美しく見せてくれます。
    スカヨハの見せるアクションは見応え満載です。
    グウィネス・バルトローと並ぶシーンも多いので、なんだかとても
    豪華に感じます。

    またニック・フェリー(サミュエル・L・ジャクソン)と語る
    トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)のシーンは
    とてもシュールで笑えます。
    この二人を並べて笑えるという時点でアイアンマン2は見るに値しますね。
    アベンジャーズのエンドロールの最後のシーンと似たものを感じました。

    さてアベンジャースポイントでフィルも少し出演しています。
    ちょうどマイティ・ソーが地球に追放されてニューメキシコに異動になるシーンなど
    盛り込まれています。
    やはり作品毎に違う側面を見せてくれるキャラクタで楽しいですね。

    あらすじにさっぱり触れていませんが、父の時代から受け継いだ恨みを
    一手に引き受けていっそうする、というのが今回のあらすじで
    親友のローズ中佐も大活躍であります。
    ライバルのハマーのバカっぷりにも笑えますし、最後の大騒ぎのシーンは
    大変見応えがありました。

    不思議なのが、核の部分にある地球の中身の施設が日本風だったことでしょうか。
    マーベルは日本をリスペクトしているというこなのか…なんなのか。
    最後は日本風の景色の中で超戦ってとても不思議な映像でありました。

    正直、アベンジャーズより、アイアンマン2の方が面白かった印象すら
    あるのですが…もう一度見ると何か違うものが見えそうな気がします。
    ハルクとキャプテンアメリカ、アイアンマンを見直してリベンジしたいと
    思います。

    映画をこのように楽しめるというのはとても良いですね。
    既にDVDが出ているものばかりなので、是非とも色々見てから
    アベンジャーズに足を運んでもらいたいです。
    (いつまでなのだろう…)

    アベンジャーズ計画は持続してヒーローとして在り続けるという意味では、
    「スパイダーマン」を圧倒的に凌駕しているのではないでしょうか。
    アメリカの映画誌の記者が「スーパーマン」以来の最高のスーパーヒーロー映画
    だと評しているのも頷けるところです。




    関連映画:マイティ・ソー


    JUGEMテーマ:映画
     
    映画ブログを探すならこちら


    映画(洋画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

    COMMENTS






    TRACKBACK

    TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/356

    King Fisher Girl

    CATEGORIES
    サイト内検索
    サイト内検索 powered by Google
             
    Twitter
    LATEST ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    RECOMMEND
    LINKS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    LINKS
    PROFILE
    にほんブログ村 映画ブログへ
    ブログパーツ
    カウンタ
    ブログパーツUL5
    OTHERS