◆ 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    映画ブログを探すならこちら


    - | - | - | 
    << 2012年10月19日のつぶやき ◆ 大奥 家光・有功編 第1話【ドラマ】 >>

    大奥 徳川吉宗編【映画】

    0

      堺雅人主演で現在ドラマ化もされている男女逆転大奥
      こちらは二宮和也が主演の映画 徳川吉宗編でございます。

      よしながふみさんはもともとボーイズラブが大好き。
      同人誌も出されていて、作品の中にはゲイが沢山登場しています。
      今回の大奥も男女逆転の中に男の子同士の恋愛が絡んでいたりします。
      特に徳川吉宗編に関しては男の子同士の恋愛が発生しやすい状況なので
      映画でもそのようなシーンが出てまいります。

      さて、この男女逆転大奥というのが何故発生したかについてですが
      時はさかのぼること徳川家光の代、若い男子だけがかかると言われる
      「赤面疱瘡」なる病が流行りだします。この赤面疱瘡は全身が赤くなり
      疱瘡が沢山できて死に至る病です。この病のため国の若い男子が激減し
      世の中を支えるのは女性に移り変わるという事態に発展します。
      家光も同様、この赤面疱瘡にかかって亡くなり、後を継いだのが
      唯一の家光の血を引く女性の子供でした。
      春日局は徳川時代安寧のため秘密裏に大奥から女を廃し、若い男子を
      集めて新たな男女逆転大奥を作りだします。
      赤面疱瘡は代が変わっても続き、相変わらず男子の少ない世の中は
      変わりません。そのため、将軍を継ぐのが女子であり、大奥につとめるのが
      男子の道というのがあたり前の世代になったのが、この徳川吉宗編です。

      主演の二宮和也演じる、水野祐之進は貧しい武家の生まれで武芸に秀でる
      美男子。若い男子が少ない世の中なので色んな女に種つけを頼まれ、
      断ることも金をとることもなくボランティアで女を抱いて種を蒔いています。
      幼なじみのお信(堀北真希)のことが好きなのですが、裕福な商家の娘
      なので身分違いと諦めています。このお信がお年頃で結婚話の噂が
      出始めるので…祐之進は思いを断ち切るため、家計を支えるために
      大奥へ出仕することを決めます。

      とまあ…こんな感じで普通の男の子が大奥へ出仕するのが
      あたり前の時代なんですが…
      その裏で、吉宗が将軍に上る策略などを行っていることが
      全然映画では描かれていません。それはどうぞ漫画を読んで堪能して
      いただければと思います。

      吉宗を演じるのは柴咲コウ。質素な着物がとてもよく似合います。
      この柴咲コウに将軍まで上るところを演じて欲しかったのですが
      残念ながら将軍になったところのみ登場するので…なんとも言えません。
      間部詮房(菊川怜)をクビにするところと最後の美男子を全員解雇するところだけ
      吉宗らしさを出しています。

      さて大奥では…なんとも綺麗な男子たち…(?)がごろごろいます。
      多分。
      大奥取締には佐々木蔵之介(藤波)、御中臈に玉木宏(松島)、松島のお気に入りの
      美声年には大倉忠義(鶴岡)、水野を何かと助けてくれる杉下には阿部サダヲ
      水野に憧れている青年垣添を中村蒼と…こんな所でしょうか。
      あ、空気が読めないヒヒヒ笑いが定着している細田ヨシヒコくんも出ています。
      イケメンなのに狂ったやつをやらせるとピカイチの細田くん。

      もっとイケメンを集めたらいいのに、と思うくらい結構地味なメンツで
      美しいのは玉木くんと大倉くんの絵くらいだったでしょうか。

      吉宗時代は既に将軍が女であることが知れているので、大奥内でも
      男子だろうが上の位の人に気に入られるのが一番手っ取り早い昇進ということで、
      美男子がモテはやされ、すり寄るのが当然という世界です。
      なので色恋みたいなことが眼前と行われ、それをヨシとする世界が
      繰り広げられます。

      しかし自分が子飼している者が衆目でダメだと晒された時点で
      パッキリと関係を切る、ということも日常茶飯事。
      大倉くん演じる美声年は水野に剣術で破れたあと、松島に冷たくあしらわれ
      (汚らわしいなどと言われる)自害してしまうのでした。

      誰もが将軍に気に入られようとする中、水野はひょうひょうと
      大奥の中で自分の位置を築いていきます。
      それが、剣術で一番の大倉くんを倒したりして認められていくのですね。
      で、ひょいひょい御中臈まで昇進するのですが…
      吉宗の初めての人という相手を務めることになるが、ご内証の方は
      死ななければならないという制度があるため、水野は死ぬ運命を
      受け入れざるを得なくなります。
      これは藤波の策略で、松島を将軍の父とするためのものだったのですが
      吉宗は美男300人を集めさせこれを解雇とし藤波の策略が
      消えるのでした。

      さて水野の運命ですが、吉宗の計らいにより、町人としての
      人生を与えられ、幼なじみのお信と所帯を持つという人生を得ることが
      できました。

      映画ではその後の人生は描かれていませんが、幸せになったのだなと
      わかる最後でした。

      大奥と言えば煌びやかなものを想像するものですが、意外と画面が地味でして
      俳優もそんなに美形はいないものですから想像以上に地味で
      しかも柴咲コウは倹約家の吉宗なものですから、質素な服装なんですね。
      加納久通を演じる和久井映見も超質素。化粧もしてるのかしら!?という
      質素さ。華美だったのは間部詮房をやった菊川怜くらいでしょうか。
      大岡忠相の板谷由夏も質素で女性陣までもが超地味。一般市民役の
      堀北真希ちゃんの方がよっぽど華やかでした。

      この男女逆転の大奥の発想は最初聞いた時はぜんぜんピンと来ない
      感じだったのですが、いざ見てみると非常に現実的で、言われてみれば
      納得と言えてしまうものだったのでびっくりしました。
      徳川時代だからこそなし得る荒技というか…。春日局の仕業にしてしまえば
      何でもあり…と言えてしまうというか…(笑)

      ちなみに春日局はこの映画には出てこないのですが…この逆転大奥を作ったのは
      春日局です。(こちらはドラマでご覧あれ)

      さすがよしながふみ原作ということで、映画を見て漫画を読みたくなりました。
      これは漫画でも楽しむべきでしょう。より細かくその時代背景を取り込んで
      描かれているはずです…。

      BLシーンをご期待の方は…二宮くんと中村蒼くんのチュー(キス)シーンくらい
      しかありませんよ、と言っておきます。
      (カットされてた、もしや?)









      JUGEMテーマ:映画
       
      映画ブログを探すならこちら


      映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

      スポンサーサイト

      0
        映画ブログを探すならこちら


        - | - | - | 

        COMMENTS






        TRACKBACK

        TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/363

        King Fisher Girl

        CATEGORIES
        サイト内検索
        サイト内検索 powered by Google
                 
        Twitter
        LATEST ENTRIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINKS
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        LINKS
        PROFILE
        にほんブログ村 映画ブログへ
        ブログパーツ
        カウンタ
        ブログパーツUL5
        OTHERS