◆ 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    映画ブログを探すならこちら


    - | - | - | 
    << 大奥 家光・有功編 第2話【ドラマ】 ◆ 大奥 家光・有功編 第4話【ドラマ】 >>

    大奥 家光・有功編 第3話【ドラマ】

    0

      よし追いついた。3話です。

      大奥ではある怪談が流行っていて
      夜中に見回りをしていると、赤ん坊の泣き声が聞こえてくるが
      声がする部屋の中を見ると誰もいない…
      だとか
      夜な夜な女の長い髪の毛か生首を持った侍が現れるというものでした。

      仕入れてきたのは玉栄(田中聖)ね。
      部屋子たちの話しを盗み聞きしてくるのです。
      人が沢山いるのに話しをするのが自分たちだけとは…と有功は嘆くのでした。

      そのころ上様は…春日局にいつものようにさらしを巻かれているのですが
      御髪を切らなくては…という言葉に拒絶反応を示します。
      女の子ですものねえ。

      そしてお万の方(堺雅人)の部屋へ上様(多部未華子)は通うようになります。
      あげた白猫の名前が「若紫」名付けられたことを聞き自分より良い名前を
      もらったではないかと言うと同時に「小さくて温かいものは嫌いだ」と言います。

      なぜかというと15歳で生んだ娘がすぐに死んでしまったからなのでそうです。
      有功の表情に「生娘でなくて悪かったな」というのですが
      有功は母が子を失くすということは一番堪え難いこと、よう耐えて
      こられました、と上様に言うのでした。


       
      そして上様は春日局の「七色飯」の話を有功にします。
      亡き家光公が食が細くて朝ご飯を七色用意したことが大奥の誕生や
      現在の大奥の姿と同じであると、談笑します。

      この辺で上様と有功は仲良しになってきました。

      そのころ御中臈の3人は夜な夜な集まっては、有功と上様が
      仲良くなっているのを妬んで悪口を言っています。
      白猫を有功がもらったことなど…何故か伝わっているのです。
      男子怖いなあ。あれだけの美男子であれば、仕方がないなあと
      重郷(戸次さん)以外は言うのですが、重郷はそれでいいのか!
      このまま飼い殺しされていいのか!!と憤ります。

      そのころ「若紫」が行方不明に。
      有功は夜中に探しまわるのですが、澤村伝右衛門が女の髪の毛を
      持って歩いて行くのを目撃してしまうのでした。

      それからも「若紫」はたびたび行方不明に。半日探して
      ようやく見つけた先には重郷(戸次さん)が「上様…」と
      「若紫」にほお擦りする姿を発見するのでした。

      じゃじゃ馬とか言いつつも実は上様のことを思っている
      重郷さんなのですね。
      それをみた玉栄は恐らく危機感を覚えたのでしょう。
      重郷の仕業と見せかけて「若紫」を殺してしまいます。
      この辺で後の「桂昌院」の姿が見え隠れしてきますね(笑)

      翌朝、重郷の前庭で悲しい姿で発見された「若紫」を見て
      上様は重郷を手打ちにしようとしますが、それを有功が
      かばいます。春日局は有功を生かしておきたいので、この
      始末は自分に任せてくれといいます。
      そして「重郷、わかっておろうな」の一言で
      「切腹」を命じられるのでした。

      まさか3話で重郷さんが消えてしまうとは思いませんでしたー…。
      だって御中臈の3人の中でも一番イケメンなのにー。
      新しいイケメンを4話以降に春日局が連れてくるというのでしょうか(笑)

      戸次さんはあえなく「切腹」です。誰にも見られないところで
      1人静かに腹を切って消えて行くのでした…。

      あー可哀想。

      有功は重郷の運命やら若紫の死について、念仏を唱えることしか
      できません。

      大奥ってやっぱり残酷なのですよね。
      春日局が取り締まっていた時代が一番酷かったのやも。

      しかし、重郷の棺を見て悲痛に手を合わせる皆の中、
      玉栄だけはにやりと笑うのでした。
      さすが後の桂昌院。陰謀をやる顔をしています。

      角南重郷なき中、御膳を運ぶ玉栄に厨房の人間が
      「素振り1000回やったんだって!?澤村さん厳しいのにー!」
      と聞いてきて、玉栄は得意げに有功の自慢話をするのでした。

      有功は良い人なので玉栄のやったことは全く知らずに
      若紫の墓を作ります。そして上様に念仏を唱えてやってくれと
      頼むのですが、上様はいやだと断ります。
      有功は念仏を唱えるのは残された者が気持ちの整理をするために
      やるためだと言うのですが、上様は念仏など意味はないと言います。

      そして上様は念仏を唱える暇もないくらい次々と悲しみが
      襲ってくる者はどうしたらいい?と聞きます。
      念仏を唱えるくらいなら、敵を切った方がいいと。
      重郷も自分で切れば良かったと憤るのです。
      折角可愛がっていた若紫ですものね。

      有功は敵がいない飢饉や病の場合はどうするのですと
      上様に聞きますが、上様はその場合は手近な者を切れば良いと
      答えるのでした。
      生きるに値しない者を切れば良いと。
      有功はいつもそうしてきたのですか、と尋ねます。
      上様は悪びれもせず、春日がそうしてもよいと言ったと言うのでした。

      有功はあることを思い出します。
      女の髪の毛を切る侍の話です。まさか上様が!?と
      聞くと上様は有功を自分の部屋に連れて行きます。
      そして沢山の女の髪の毛がつまった箱を出します。

      「いかにもわしじゃ」と上様はいいます。
      伝右衛門に命じてやらせたと。
      ちょっとした悪戯だと言うのですが、有功は「なんと愚かな!」
      と怒ります。自分の国の民になんということを…!と。
      でも、上様は自分の国の民???所詮自分は次の将軍の
      ための仮腹、春日局も自分の中に家光公を見ているだけだと。
      自分だって好き好んでこんななりをして大奥で息をひそめて
      生きているわけではないと。

      有功は大奥にくる途中で会った赤面疱瘡で兄を失くした娘の
      話をし、皆、自分ではどうにもならない定めを受け入れ生きているのです、
      自分だって貴方のために大奥(こないなとこ)に連れてこられた、
      ご自分だけが辛い思いをしているとお思いなら、それは大間違いや!
      と怒鳴るのでした。

      上様は言葉をなくし有功の前から去ります。
      そして春日局にあったできごとを話すのですが「御手打ちになさいますか」
      という問いにはいや、と首を振ります。
      大奥の男は自分を馬鹿にしていると思っているけれどお万はどこか
      違うと思っているのですね。

      春日局は「では、少々懲らしめてやりましょうか?」
      とにやにやして上様に聞きます。麻生祐未さんは本当に素敵な表情をなさります。
      上様もそれに乗っかって他の御中臈や澤村伝右衛門(内藤剛志)も
      巻き込んでやろうと言い出します。

      それは女性の着物を着て化粧をして上様の前で踊らせることでした。
      有功はとあることを正勝(平山浩行)に尋ねます。
      それは上様の過去でした。

      15歳で子供を失くした上様の過去です。
      11歳でさらわれてきた上様はもともと「千恵」という名前の娘でした。
      そして小さいころは「若紫」のようだと母にいわれ、女の子として
      可愛がられてきたのです。将来は紫の上のように美しく育つと。
      それまでは女性として、生きてきたのですね。

      それが11歳のころ、澤村伝右衛門と春日局に母と乳母を殺され
      大奥に連れてこられ、髪の毛をばっさりと切られ、突然上様としての
      人生を与えられたのです。

      そして14歳になったころ、大奥から抜け出したところを
      見知らぬ侍にレイプされてしまうのです。
      それはそれは恐ろしい体験です。
      男を知らぬ若い娘がおじさんにやられるのです。
      怖いですよねえ。

      そしてその侍を斬り殺します。よく殺せたなと思いますが
      とりあえず、上様は自分をレイプした侍を御手打ちにするのです。

      そして春日局と澤村伝右衛門がかけつけた時、上様は言います。

      下手でつまらなかった上に痛かった故、手打ちにしてやったと。

      処女を奪われて、そんなことが言える強さが普通の女の子に
      あるでしょうか。

      ああ、ここで大奥 吉宗編の「ご内証の方が死罪」になるという意味が
      わかりますね。そうです、これが由来なのです。
      この法律を変えるのは結構大変ですね…。
      ご内証の方というのではなくレイプしたから死罪なんですもの…。

      それなのにその男の子供を身ごもってしまうのです。
      ああ2時間ドラマみたいな展開だ。
      生みたくないと上様は言います。
      そりゃ当然です。でも生まなければならないのですね…。
      でも生んでしまったら可愛いのですよ。
      赤ちゃんに罪はないのですから。
      それなのにその子は乳を吸う前に死んでしまうのです。

      なんと上様は可哀想なのでしようか。
      多部未華子ちゃんもとても上手に演じています…。
      目まぐるしい役なのに、それはそれは器用に…。

      そんなお話を正勝さんから聞く有功さん。
      そんな中、澤村伝右衛門と他の御中臈が化粧をして女の姿をして
      踊っているのを見て上様は馬鹿笑いをします。
      その笑い声が悲しい笑い声なのですが…多部未華子ちゃんの
      笑い泣きが素晴らしいです…。
      本当に悲しそうに笑うんです…。

      正勝はこれまで上様の涙を見たことがないと言います。
      泣かずに踏ん張ってきたんですねえ…女の子なのに…。

      伝右衛門たちが踊るのを見て上様は
      しばらく笑った後、興が醒めてしまい、全員を下がらせてしまいました。
      そりゃー…面白くもないものを見て、笑い転げて
      全然楽しくないですよね。
      とりあえず笑っておかないと。心はずっと悲しいままなのですから。

      有功さんはそんな上様に、救いを与えるのです。
      女としての自分を踏みにじってきた上様を救うために
      女性の着物を与え、髪をおろし、自分より上様の方がずっとお似合いや…と。

      泣くわ…!
      そりゃ泣きますよ。
      上様はやっと自分を女性として見てくれる男の人と出会い
      本当は女性でありたかった自分の気持ちに気づいて
      有功にすがって大泣きしました。

      ここで有功と上様の絆が誕生しました。

      いやーーーーよくできてるぅ〜〜〜!

      本物の家光とお万の方のエピソードより本物らしいかもしれない〜!
      とか思ってしまいました…。

      今週は、有功と上様の間に子が出来ないことを春日局がよく思わず
      新しい側室を見繕う…という展開になりそうです。

      上様は有功とも引き裂かれてしまうのでしょうか。
      ああ可哀想。

      予告では「引き際を考えられよ」とか春日局が言ってましたからねえ。
      でも春日局の後を継ぐのはお万様なのですから…
      今後の展開にも期待です。


      【関連】
      大奥 家光・有功編 第1話
      大奥 家光・有功編 第2話
      大奥 徳川吉宗編




      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
      映画ブログを探すならこちら


      ドラマ(大奥・家光・有功編) | comments(0) | trackbacks(0) | 

      スポンサーサイト

      0
        映画ブログを探すならこちら


        - | - | - | 

        COMMENTS






        TRACKBACK

        TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/370

        King Fisher Girl

        CATEGORIES
        サイト内検索
        サイト内検索 powered by Google
                 
        Twitter
        LATEST ENTRIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINKS
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        LINKS
        PROFILE
        にほんブログ村 映画ブログへ
        ブログパーツ
        カウンタ
        ブログパーツUL5
        OTHERS