◆ 
<< SP 革命編【映画】 ◆ おおかみこどもの雨と雪【映画】 >>

図書館戦争【映画】

0
    図書館戦争
     

    観てきましたーーー。

    図書館なのに戦争ってどないやねん!
    って思う人がいるかもしれませんが、これが、実は結構本格的に戦っておりまして
    岡田くんが縦横無尽に走り回っております。

    時は1988年に遡りまして、「メディア良化法」というのが制定されます。
    これは公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を規制する法律なのですが…
    この法律をめぐって武装することまで黙認される時代がやってきます。
    それが「正化」という時代です。(現実にあてはめると平成の代わりが正化という元号)

    「メディア良化法」とはなんぞや?という話ですが…
    端的に言えば…犯罪者が愛読していた本だった、とか…性的な表現が過剰だから…
    (今まさに青少年なんとか法とかで議論になってますね)とか
    そういう理由で本や活字を読む自由を取り上げてしまう法律です。
    そしてこの法律を厳守せんとばかりに、良化隊という警察に似た組織ができ、
    武装して、本屋を検閲しだすのです。

    図書隊はその良化隊に唯一対抗できる組織、いわゆる図書館の自衛隊です。

    図書館戦争はメディア良化法と戦う図書隊員のお話です。

    まずキャスティングなのですが…素晴しいんですのよ〜。
    ダ・ヴィンチという雑誌のアンケートで共に1位に輝いた二人が主演。
    キーパーソン柴崎は有川さんがあてがきしていた栗山千明。
    イメージ通りの絵面で素晴しかったです。

    特に岡田准一くんの堂上は素晴しすぎました…。
    いつの間に美しくてラフマニノフを聞きながら絵を描く青年から
    めっちゃ格闘マニアに成長したの?くらいの勢いで…。
    格闘シーンがとてつもなく美しいのですよ。実際に強いからなのでしょうが
    動きがとても機敏でソツがなく、強い堂上篤を見事に体現していました。

    そして榮倉奈々ちゃん。これほど郁が合う女優がいるんですかね?
    というくらいドはまりでした。背丈といい、郁の持つ無邪気な感じといい
    榮倉奈々ちゃんはぴったりで…実写でこんなにキャスティング満足したことないぞ
    というくらいでした。栗山千明ちゃんと並んだ姿を見ても郁と柴崎にしか見えず
    すごい実写だと戦慄きました。

    懸念していた小牧役の田中圭くんも素晴しくて…!
    小牧は笑い上戸という癖があるのですが、一言も映画にその言葉が出て来ないんですね。
    でもちゃんと笑うべきときに、小牧らしく笑ってくれていて、感動しました。
    ちゃんと原作読んでるんだと思わせる演技で、田中くんのちっさい動作も
    つぶさに観察してしまいましたよ…!
    ちゃんと小牧でした!(笑)

    あと忘れてはならない福士蒼汰くん!!!
    手塚にぴったりでした。仮面ライダーをやっていたそうなのですが、
    その頃の活躍は全然知らず、手塚をこんな新人に任せてよいのかと
    勝手に思っていたのですが、杞憂でしたよ。
    ごつごつの先輩と違って細身ですらっとしてて、女の子にモテそうで
    アニメのゴツそうな手塚より私は福士くんの手塚の方が原作イメージと
    近かったです。


    玄田隊長は橋本じゅんさん。
    私的にはもうちょっとごっつい人でも良かったかなあ。
    好演されてたんですけど玄田さんはもっと灰汁が強い感じが良かった。
    シリーズにするならなおの事…。

    折口マキ役の西田尚美さんはすごくあってました。映画の中でもう少し
    彼女のターンが欲しかったくらいです。すごく重要なキーワードを話すのが
    彼女の役割でもあるので…。

    そして有川さんが稲嶺さんは児玉清さんしかあり得ないということで
    稲嶺ポジションを石坂浩二さんが仁科指令として演じられていました。
    児玉清さんはちゃんと稲嶺さんとして写真出演されていてですね…
    事情を知る者は泣けてくる演出でした。

    という感じでキャスティングの感想だけだらだら述べました。
    肝心のストーリーですが、やっぱり若干尺が足らなくて、まき具合が半端なかったです。
    それ故に、柴崎の存在感が少し薄かったり…手塚兄(映画ではノンクレジット)が
    関わる第三機関が突然現れたりと、原作を読んでいない人にはわかりづらいものが
    あったように思います。

    図書館戦争はどのキャラクターも強い個性を持っているので、
    それを活かしきれていないかな、という感じが凄くしました。
    キャスティングが素晴しいだけに、もう少し一人一人にクローズアップすることに
    チャレンジしてもらいたかったですね。

    しかしならがアクションは見応え満載でした。
    特に後半の岡田くんが1人で縦横無尽に戦う姿が非常に良くてですね…。
    普通のアクションだと

    あーここはワイヤーだー

    とかなるんですけど、岡田君のアクションにはそれが一切なく
    息もつかせぬ素早さで見ているこちらも気持ちのよいアクションでございました。
    ワイヤーアクションも好きなんですけど、こう綺麗に決められると
    ため息ですね。
    SPも同じですが、岡田君のアクションを見るのであれば凄くオススメの作品です。

    有川好き、図書館戦争好きとしましては、ラブ度が低かったので
    是非続編を作って頂いて、ラブの掘り下げもお願いしたいです。

    加えて、柴崎と小牧にもう少しクローズアップして欲しいですかね。
    キャスティングは変わらず…切にお願いしたいです。

    岡田君のアクションをもう一度見たいですし。

    これから観るという方は是非、原作をお読みになってください。
    すぅーっと読めてしまいますし、一応1巻ずつで終わっていますので
    図書館戦争だけ読むのもありです。

    読めばもう少しキャラクターのことが理解できます。

    映画館では原作ファンが多かったみたいで、何も知らない人が
    笑ったりしないところで笑いが起きていました。
    そういう楽しみ方もできます。

    今回から難しいですけど…観た映画に点数をつける事にしました…(笑)
    こういう評価は苦手なのですが、何かの指標になれば。

    キャスティング ★★★★
    ストーリー   ★★★
    アクション   ★★★★★
    原作再現度   ★★★★
    ラブ度     ★★

    ★を1つ4点としまして72点です。

    続編でたら評価あがるかも〜★


    JUGEMテーマ:映画
    映画ブログを探すならこちら


    映画(邦画) | comments(6) | trackbacks(0) | 

    COMMENTS

    from ゆか  at 2013/05/20 11:06 PM

    はじめまして。
    突然のコメントをお許しください。

    先日図書館戦争を観て、様々な方のブログを拝見していたら、このブログにたどり着きました。
    原作既読組でしたので、不安があったんですが、2時間で丸く収まった良い作品であったと思います!原作の図書館戦争自体が数シリーズにも渡るものだったため、映画にするなんて無謀に思われましたが、キャスティングに救われた気がしました。
    岡田×榮倉のあの2人が堂上と郁をやってくれて本当によかったと思います。見た目だけでなく、話し方や声がイメージ通りでした。
    このブログを読んで改めてそう感じました。





    from ELY  at 2013/05/21 11:33 PM
    ゆかさん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます^^

    図書館戦争お好きなんですね!
    私も大好きで、不安な心と期待する心を両方もって映画館に行きました。
    本当にキャスティングに救われましたよね…!
    実写映画って、どこかのキャストで合わないなあ、原作と
    違うなあって感じることが多いのですが、図書館戦争は
    それが限りなくゼロで、見ていて懐かしい気分になったくらいです(笑)
    岡田くんが実際にアクションが得意だから堂上が強いことが
    より強く感じられましたし、本では実感できない戦闘シーンの
    激しさは映画でようやく体感できたというか…!

    あのキャストで次のシリーズも映画にしてもらいたいなーって
    思ってます^^

    from 准一1118  at 2013/06/07 4:28 PM
    はじめまして。
    勝手に、コメントしてすいません。
    私も、図書館戦争見ました!私は、図書館戦争の小説は読んでおりません・・・。だから、どんな映画なのか楽しみでした!榮倉さん×郁。岡田君×堂上教官。もう、イメージ通りでした。アニメを見て、映画を見ました。最高っすね(笑)岡田君の、戦闘シーンは、かっこよかったです。続編。あってほしいです!!!!!
    from ELY  at 2013/06/08 12:53 AM
    准一1118さん

    はじめまして、コメントありがとうございます^^
    原作読みでない方にもイメージピッタリだったとのお話で
    安心しました…(笑)
    アニメをご覧になっていたのですね!
    声優さんや絵面でイメージが違うという方もいるかなあと
    思っていたのですが杞憂でしたね(笑)

    ほんと、1作で終わらせるには色々もったいないですよね。
    堂上も郁も1作品ごとにどんどん成長してくので
    私も続編を強く願っています!

    原作も読みやすいので是非お手にとってみてください^^
    別冊はラブ度も高くて恥ずかしいですよ〜★
    from 准一1118  at 2013/06/08 10:01 PM
    ELYさん

    お返事。ありがとうございます!
    原作を、是非読みたいと思います!

    アニメでは、郁ちゃんのかわいいシーンもあり映画でもあったので、メッチャ可愛かったです。
    from ELY  at 2013/06/12 11:58 PM
    准一1118さん

    コメントありがとうございます^^
    原作ぜひぜひ!
    有川浩さんの作品はどれも面白いですよー^^
    自衛隊ものが多いのですが、ラブコメタッチなので良いですし
    女子が読んできゃー!ってなるのは「植物図鑑」かな?
    お時間あるときにぜひ!

    私もアニメのDVDみてみますね!ドキドキ★





    TRACKBACK

    TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/390

    King Fisher Girl

    CATEGORIES
    サイト内検索
    サイト内検索 powered by Google
             
    Twitter
    LATEST ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    RECOMMEND
    LINKS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    LINKS
    PROFILE
    にほんブログ村 映画ブログへ
    ブログパーツ
    カウンタ
    ブログパーツUL5
    OTHERS