◆ 
<< 図書館戦争【映画】 ◆ ヘルタースケルター【映画】 >>

おおかみこどもの雨と雪【映画】

0
    細田 守
    角川書店(角川グループパブリッシング)
    ¥ 540
    (2012-06-22)


    「おおかみこどもの雨と雪」は「時をかける少女」、「サマーウォーズ」で有名な
    細田守監督の長編オリジナル作品2作目です。
    今回は細田守監督、脚本にもチャレンジしています。
    原作は映画公開前に読んでいたのですが、劇場公開で見逃してしまい…
    見るタイミングが今になってしまいました。

    友人の子持ちパパが大絶賛しておりまして、お子さんがいらっしゃる方は
    共感しやすい映画になっていると思います。

    本作は、おおかみ男(声:大沢たかお)と恋に落ちた花(声:宮崎あおい)が
    2人のおおかみ人間の子どもを育てあげ、子供たちがそれぞれ自分の人生を選ぶという物語。
    人間の子どもとは異なり、予期せずおおかみの姿を晒してしまう子どもたちを
    悪戦苦闘しながら育てる花と、おおかみである自分を認めたり認められなかったりする
    子どもたちの姿を描いています。

    「サマーウォーズ」と比べると出てくる人が圧倒的に少ないので、
    あんまり考えずに見れば良いのかというと…そういうことでもなく
    奥が深い映画です。

    獣と恋する女の子の話でもなく
    アニメの獣耳を主張するものでもなく
    アニヲタ向けの映画でもありません。

    1人の女性が、子育てに悪戦苦闘する映画です。

    映画は基本ナレーションが娘の雪で、母の半生を語るという形式です。
    なので母と父の出会いのシーンや、恋愛のシーンはほとんどモノローグで
    たまに会話が挟まり、すらすらっと終了します。
    メインは母の花が、父を亡くして子育てをし始めるところから。

    何故こうなっているかは、娘が母の半生を語るから、であり、
    母から聞いたことだけを元に話をしているからです。
    無駄に音楽とモノローグにしているわけではありません。

    私はこの映画を見ながらたとえようのない感動を覚えました。
    子育ても経験したことがないし、大切な人を失くしたこともないけれど
    母の花の気持ちが痛いくらい伝わってくるのです。

    それから子どもたちの成長。
    おおかみのこどもは、多分人間より早く成長するんですね。
    雪と雨がそうだったように、人とおおかみのどちらを選ぶか…その選択に
    迫られるシーンは見応えがありました。

    特に雨が道を決めていく過程。
    原作ではすらっと読んでしまったのですが、映画では徐々に大人になっていく
    雨の姿とともに、だんだん親から離れていってしまう子どもの背中を
    追う母の花の切なさがとても伝わってきました。

    後半の台詞は宮崎あおいも馴染んでいて余計に…。
    雨はお母さん子で、外も虫も嫌いだったのに、狩りを覚えてから
    別人のようになっていく…。
    雪は狩りが大好きで活発な女の子だったのに人間の道を選ぶ。

    子どもたちのそれぞれの人生を母は受け入れるという…
    大きな愛がこの映画にはつまっています。
    親のエゴで子どもをつなぎ止めるのではなくて
    子どもが選ぶ道を応援していける母親の像がとても素晴しかった。

    設定こそ、奇抜ですが…このお話は、子育てをしているお母さんに
    是非見てもらいたい作品です。
    原作はライトノベルなので、とても読みやすく1時間で読めます。
    小説というよりは設定を力するための本ではありますが
    きちんとストーリーが振り返れるのでおすすめです。

    ではでは採点をば。
    ストーリー性:★★★★
    アニメーション:★★★
    感動ポイント:★★★★
    設定:★★
    映画の流れ:★★★

    64点です。

    映画の流れと設定ポイントが低いのは、少々モノローグに頼りすぎてしまったところと
    映画の波が淡々としすぎていたので、もう少し動きが欲しかったかなと思います。
    結局は子どもがメインのお話なので、花が苦労しているシーンはあったけれど
    花自身が何を考えているか、そういう視点が甘かったかもしれません。

    という採点の理由でした。
    お約束のヒロインぼろ泣きシーンもありますが、細田監督の特徴なので
    これはありだと思っています。

    次の作品も楽しみですね。
    スタジオ地図の最新作、待っています。










    JUGEMテーマ:映画
     
    映画ブログを探すならこちら


    映画(アニメ) | comments(0) | trackbacks(0) | 

    COMMENTS






    TRACKBACK

    TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/392

    King Fisher Girl

    CATEGORIES
    サイト内検索
    サイト内検索 powered by Google
             
    Twitter
    LATEST ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    RECOMMEND
    LINKS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    LINKS
    PROFILE
    にほんブログ村 映画ブログへ
    ブログパーツ
    カウンタ
    ブログパーツUL5
    OTHERS