◆ 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    映画ブログを探すならこちら


    - | - | - | 
    << るろうに剣心 京都大火編 【映画】 ◆ つぐない 【映画】 >>

    るろうに剣心 最期の伝説編 【映画】

    0
      必見のシリーズ完結編です。正直、世界に誇れる日本のチャンバラ映画と
      言ってしまいたいです。規模もアクションも演技もストーリーも全部兼ね備えていると
      思います。原作のめちゃくちゃな部分も結構きれいに整理されていますし
      何より登場人物がとても魅力的に描かれています。
       
      最期の伝説編は、剣心が瀬田宗次郎に敗れ、志々雄一派に薫を人質にとられ
      海落ちてしまった後から始まります。
      偶然師匠に拾われるのですが、まあそれはいいとして…
      比古清十郎(福山雅治)と散々修行して、奥義を会得して新しい逆刃刀を手に入れ
      最終決戦に挑むという内容となっております。


      やっぱり見せ場は殺陣!
      もうそれはそれは見事なのです。

      主な見どころはこんな感じでしょうか。
      剣心×比古清十郎
      四乃森蒼紫×翁
      剣心×四乃森蒼紫
      剣心×瀬田宗次郎
      志々雄真×その他大勢(笑)

      四乃森蒼紫役の伊勢谷くんが、翁の田中泯さんが本気で刀振り下ろしてくるから超痛かったって言ってましたね。本当は寸止めでいいらしのですが、泯さんは本気でやるらしいです。泯さんの本気が、画面の迫力を作ってたんですね!(笑)
      (そういえば、泯さんも朝ドラ「まれ」に出演中)

      伊勢谷くんは「俺はもう年寄りだから、健くんや竜也や、神木君が覚えるの超早くて体力あってすごい辛かった」って言ってました。膝に水がたまったそうです。激しいアクションシーンだったことがうかがえます。

      そして剣心×瀬田宗次郎の殺陣!
      鮮やかかつスピーディーな華麗な殺陣です。
      驚くのは、この殺陣シーン、早回しとかしてないってことでしょうか。
      話を聞いたときはマジで!?って声出しちゃいました…。
      神木君が瞬きしないで見てほしいと言っておられました。
      佐藤健くんの足さばきもすごいし、神木君の身軽な動きは尋常じゃないし
      そのあとの瀬田宗次郎の絶望シーンはさすが天才神木隆之介!!!
      とうならせるすごいシーンでした…。
      健くんに追いつくために4倍練習したという神木君尋常じゃなかったです。

      このあたりで佐藤健くんの足さばきがブレイクダンスからきていることをしるのですが(遅)なるほど納得。殺陣にこうやって使えるんだと感心しました。


      最後の見どころはやはり志々雄がその他大勢と戦うところでしょうか。
      いやすみません、剣心とか斉藤一とか主役級全員なんですけど。
      画面的には藤原竜也が豪快に笑いながら大勢を薙ぎ払ってて
      藤原の兄さんまたやってくれてはるわー!ってなるシーンでした…。。

      何のために剣心が奥義を会得してきたのか、意味がわからなくなるし
      なぜか蒼紫様が途中で参加してくるのかがもっと意味不明で

      志々雄も迷うことなく

      「何だコイツは」

      とか言いながら倒してて
      そうだよね、なんでお前ココにいるん?ていうか誰?だよね…。
      と散々ツッコミを入れざるを得ないシーンでありました。
      しかし、迫力となんかすごい技で押し切る…みたいな…。


      蒼紫様がただのストーカーになってて本当にご愁傷さまでした…。
      (伊勢谷くんあんなに苦労したのに…)

      原作でも充分ストーカーだから、いいですけど(笑)

      左之助なんかいろいろカットされてましたけど、いるだけで暑苦しいから
      映画の露出度でいいかなって思えてしまう。
      絶対プロレス技で締めないと気がすまないのはわかりました。

      斉藤さんは牙突さえやらなければ格好いいですね!

      私は最終決戦のときに、斉藤さんがいつお着替えしたかについて
      やたら気になってましたよ…。着物姿の時は絶対下にスーツ
      着てないように見えたんですが、剣心を送り出してから速攻スーツに
      なってて、え?!いつお着替えしたの!?と…。(どうでもいい)

      最後に皆で戻ってくるシーンはとてもシュールです。
      なんでいるの?的な人がチラチラいますから。
      ということで、女性陣が全然目立たなかったのですが…
      土屋太鳳ちゃんの号泣シーンと、駒形由美の最後のシーンは
      よかったかなぁ…。
       

      JUGEMテーマ:映画
      映画ブログを探すならこちら


      映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

      スポンサーサイト

      0
        映画ブログを探すならこちら


        - | - | - | 

        COMMENTS






        TRACKBACK

        TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/411

        King Fisher Girl

        CATEGORIES
        サイト内検索
        サイト内検索 powered by Google
                 
        Twitter
        LATEST ENTRIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINKS
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728   
        << February 2018 >>
        LINKS
        PROFILE
        にほんブログ村 映画ブログへ
        ブログパーツ
        カウンタ
        ブログパーツUL5
        OTHERS