◆ 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    映画ブログを探すならこちら


    - | - | - | 
    << 図書館戦争 THE LAST MISSION 【映画】 ◆ 

    レインツリーの国【映画】

    0
      酔った勢いで観てきました。
      「レインツリーの国」
      正直、全く期待していなかったのですが、怖いもの見たさと原作好き、友人のノリの良さ、色々な条件があてはまって観ることができました。結果的に、観てよかったです(笑)

      失礼なお話なのですが、玉森くんには全然期待をしていなかったのです。彼が嫌いとかジャニーズがダメとかではなく…なんとなく漫画や原作ものの実写化で若手俳優を使って成功する映画ってなかなかないなと思っているところがあり、今回もそこらへんにある恋愛映画と変わりないのかなと勝手に思ってしまっていたところがありました。反省しています。

      だからこそなのですが、観たあと、ものすごく満足していて、とっても幸せな気持ちで帰れました。そういう映画です。迷っている人はぜひ観てほしいなって思います。

      原作は有川浩の「レインツリーの国」という同名小説。
      この作品は「図書館戦争」の劇中作でもあり、有川ファン、ひいては図書館戦争ファンにはとても思い入れのある作品です。毬江が大事にしている、この作品が実際に小説になり、そして映像化されたという事実は、とても感慨深いもの。聴覚障害のあるひとみが、普通の女の子として恋愛して、幸せになる物語。そこに同情や偏見や大げさな演出がまぎれていては、一気にうそくさくなってしまうという危険をはらんだ作品でもあります。

      有川流の恥ずかしさでもって、かなりライトに読みやすくなっていた原作ですが、映画は更に観客に寄り添ったものになっていました。正直、原作よりも感情移入してしまうほど良い脚本に仕上がっていたのではないかと思います。なぜかというと、有川さんの描く男の子って現実には到底いなさそうな王子様キャラの男の子が多いんですよね。だからこそ、皆読んで恥ずかしくて死にそうになったり、ときめいたり、妄想をふくらませたりするんですが、それを映像にした瞬間にシラける危険性も凄くあるのです。だから、突き抜けてかっこよくやってしまうか、さらにマイルドにして薄めてしまうかの2択なのです。

      突き抜けてしまうやつは、たとえば最近人気の「壁ドン」や「床ドン」、「顎クイ」とかそういうやつで、マイルドなのが本編の実写「図書館戦争」の堂上とかなんです。岡田君はあんまり恥ずかしいこと言わないですし。「レインツリーの国」はその塩梅を絶妙に配分してくれた映画だと思いました。

      以降ネタばれも含むと思いますので隠します。


      JUGEMテーマ:映画

      ではまずキャストの感想から…。

      主演の伸こと向坂伸行を演じるのはKis- My F-t2の玉森裕太くん。「信長のシェフ」や「イケメンですね!」で私の中では結構おなじみの俳優さんです。正直今回、一番心配だったのは彼でしたが、ふたを開けてみれば彼がこの作品の肝かつ、この映画を支える一番の存在でした。

      原作の伸は正義感が強くて、本音をばしばし言って、それこそマイペース男子。恥ずかしいこともど直球だし、ぐいぐい前に引っ張ってく性格。でも読んでると、ときどきズキズキ痛いというか…「伸さんみたいに言うのは簡単ですけど、そんなに簡単にできないんです」って言いたくなる性格。そして、ときどき怖いし、王子的なかっこよさもある。表現するのが難しい人です。今回、映画を見直してつくづく気づいたのですが、関西弁でど直球ってちょっと怖いんですよね。原作のその伸の怖さを玉森くんが演じると、なんだか不思議と柔らかい雰囲気になって、ぜんぜんきつく感じないんです。それがすごく良かったです。

      それと、原作では躊躇なくひとみにメールを送信する伸なのですが、玉森くん演じる伸は送信するのにうだうだして、誤送信という形でメールを出してるところが良かったです。ブログがいくら気に入ったからといって、いきなり画面の向こうの相手に惚れるとか、現実ではあまり考えられないのですが、突発的な出来事によって自然とやり取りが始まるというのが見ていてくすぐったかったです。

      関西弁も思ったより違和感なかったし、設定がうまく活かされていたと思います。
      実家を理容室にしたこと、倒れた父がまだ生きていること、叔母さんが母親になっているところなど、とても自然だったし受け入れやすかったです。母親役の高畑敦子さんがまた素晴らしくって、彼女のシーンでは泣かされました…。

      つぎにひとみですが、西内まりやちゃんが超絶に可愛くて…。存在だけでもうお腹いっぱい…です。すごい好みの感想を書く人がいて、メールを送って現れたのが西内まりやちゃんだったら100%落ちると思うんですが(笑)髪が伸びっぱなしで惜しい感じとかいう設定だったけど、ヘッドホンかぶって本屋で待ってる西内まりやちゃんは天使のように可愛かったです…。演技も可愛かった…。可憐だけど、頑固で意地っ張りの甘えべた。素晴らしかったですー。

      そしてひとみの母役の麻生裕未さんが最高に素晴らしかった。セリフのないところの演技で泣かされてしまい、この映画、二人の母親に泣かされるという…。脇役が鉄板すぎて安心して見られる映画になっていました(笑)

      設定は原作から現代にアレンジされていて、伸はタブレットを使ってやりとりをするし、メールじゃなくてLINE(トークアプリ)を使っていました。だからやり取りもぽんぽん進むし、原作みたいな長いメールのやりとりは省かれてて、それも自然でした。原作の伸はもっとくっさい文章書くから、そこらへんをマイルドにしてもらって見やすかったです(笑)あと原作の伸は、結構恋愛に手慣れているというか、すぐ手を出すんですが(失礼)、玉森版は紳士で、そこももどかしい中にも好感がもてるっていう…。

      まあ私の中の玉森好感度は急上昇しましたね…(笑)

      障害をもつ女性が、前を向いて恋愛をして幸せになるっていうストーリーなのですが、普通の女の子の恋愛ストーリーとなんら変わりなく見られるように仕上がっていたことも、すごくよかった。ちょっと玉森くんが王子様すぎな面はありましたが(彼女改造計画的なところが)、彼女が最後に踏み出す一歩の背を押すようなシーンにつながっていて、幸せな気持ちになりましたー。
      そして髪を切った西内まりやちゃんが天使だった!!可愛すぎました…。

      私はお酒飲んでて、最初からずっとなぜか涙目で見ていたので(笑)劇中ずっと涙流してたんですが、友人も泣きポイントがいくつかあったと言っていたので、心にしみる作品になっていると思います。良い恋愛映画でしたよ!

      最後に、この作品についてなんだか色々と言われていて、
      原作者の有川さんが「玉森くんが誠実な演技をだった」とラジオで語ったことについて歯切れが悪いと言われたことに言及されていますが、映画を見ればわかりますよ。玉森くんがどれだけこの映画の中で存在感を発揮しているか。それがうまいか下手かではなくて、映画に必要かどうかの点で最重要という結果を導き出せていることが。役に誠実というのはそういうことだと思います。

      玉森くんの演技がうまいとか思ったことはないのですが、少なくともこの映画で伸をやるなら、彼でよかったなと思います。伸のあの強烈な個性を柔らかく表現してくれて、受け入れやすくしてくれたことに感謝します。そして何より、二人並べると超可愛いんですーー。きゅんきゅんします。

      胸きゅんしたい女子にはおすすめの映画です。
       
      映画ブログを探すならこちら


      映画(邦画) | comments(0) | trackbacks(0) | 

      スポンサーサイト

      0
        映画ブログを探すならこちら


        - | - | - | 

        COMMENTS






        TRACKBACK

        TB URL >> http://minami-a.jugem.jp/trackback/417

        King Fisher Girl

        CATEGORIES
        サイト内検索
        サイト内検索 powered by Google
                 
        Twitter
        LATEST ENTRIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINKS
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        LINKS
        PROFILE
        にほんブログ村 映画ブログへ
        ブログパーツ
        カウンタ
        ブログパーツUL5
        OTHERS